WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 09日

EP "I'M STANDING" 取扱説明書

とても長い時間がかかりましたが、バンドとして初の単独音源となるEP "I'M STANDING" がリリースとなります。
本日、6月9日のリリースです。

告知を始めて、シェアしてくれたり、リツイートしてくれたり、コメントしてくれたり…と、反応してくれたみなさんには感謝感謝です。
買ってくださいね(笑)!

これは言わないほうが良いかもね?という意見もあったのですが、ソレはソレで何だかだましているみたいでイヤなのでお伝えします。

今回のEP…売り上げの一部ですが、東日本大震災チャリティへの寄付という側面を持っています。

よくある偽善か否かという部分で心配してくれた人が上記の助言をくれたんですけど…
ソレ知ってたら買ってなかったよって、後から言われるのもアレなんでね…
その辺の経緯をお伝えしますので、読み進めていただくなりそっとページを閉じるなりはご自由にしていただければと思います。

さて、行くよ…長くなるからね。

今回の収録曲は3曲

M1 : I'M STANDING
M2 : IN YOUR HANDS
M3 : I AM

M2とM3は過去にコンピレーションアルバムに提供している曲の新録となっています。
チャリティ云々に該当するのはM1とM2。

M2 IN YOUR HANDSを提供したのが2013年にリリースされたMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"でした。

当時、オファーがあった時にタイトルとコンセプトだけあったI'M STANDINGを提供したいと考えていました。
楽曲のコンセプトが東日本大震災から大きく受けた影響を元にしていたのもあって、それが自然な流れだと。

…しかし、間に合わなかったんですよ…楽曲が。

この辺は、今回のツアー途中でのリリースとかからも判る通りのいい加減さでして…

では、提供する曲は?となった時に、M2 IN YOUR HANDSが内容的にもマッチするかな?という事で提供しました。

そしてMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"がリリースされて、IN YOUR HANDSが世に出るワケなんですが…
I'M STANDINGは?ってしばらくの間引っかかっていたんです…俺個人の中で。

すべからく全てのアーティストがそうかと思うのですが…リリースされた後にはもっと~できたんじゃねえか?って後悔というか反省があったりするものだと思います。

リリース直後のインタビューで、コレは最高傑作だ!と言い切った数年後に、あのアルバムはもっと~すべきだった…なんてのは良くある話ですからね。

今、聴きながらコレを書いていますが…気持ちが上がる部分は勿論ありますけど、何でココのこの処理に気がつかなかったのかな?とか絶対突っ込まれるであろうミスに近い部分があったりして。

軌道修正…

そんな中、バンドで音源の重要性を感じ始めていた事もあって…何らかのカタチで音源をリリースしたいと話が出始めたのです。
個人的には多分、一番の慎重派だったと思います。

そこでI'M STANDINGが再浮上して来て、楽曲を完成まで持って行きました。
リリースするんだったらこのタイミングしかないんじゃないか?と。

じゃあ、音源作るならまずはやり残した事をやりたい!と、それが通らないなら作らない位は言ったかと思います。
そして本来チャリティアルバムに提供する曲を収録するのだからチャリティに関わるのは当然だろうと、こちらも強権発動で。
いやいや、ソコは繋がらないでしょ?という人もいるかもしれないけど…イコールでした、俺の中では。

METAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"の頃にはまだハンジはバンドにいなかったので、その辺の話なんて知ったこっちゃない中で賛成と言うかそっちの方向に進んでくれ、推進派のミチトも了解してくれてようやく自分の中でGOサインが出ました。

METAL bless JAPANはその後もアルバムがリリースされて、毎年各地でイベントが行われています。

自分は最後のセッションに参加できる器はVoとしてもGtとしても持ち合わせていると思えないので2公演参加した以降お断りしました。
その後、ぱったりとセッションは当然ですがバンドとしてもお誘いは来なくなりました(笑)。

アルバムに参加した事やライブに参加した事は自分にもバンドにもプラスになっていますし、少しでも貢献できたかもしれないという気持ちもあるんですが、I'M STANDINGで参加できなかった事がずっと引っかかってて。

このEPは俺にとってMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"の時の俺とバンドに忘れ物を届けに行ったような感じです。
やっと届け終えてその場から立ち去るというか次に進めるというか…

ですので、バンドの音楽性を端的に表した名刺的な音源とは趣が違うかもしれません。

そちらを重要視していたら…普段のライブで演ってる1曲目か2曲目を入れて、3曲目か4曲目を入れて、I AMで〆る。
で、3曲…こんな感じにしてたと思います。

そうしなかったのはちょっと前の方で書いた通り。
音源の感じが良くてライブはゴツ過ぎて面食らった…なんて事もあるかもしれないけど(笑)。

M3のI AMはそういったものから離れて、単純にライブでラストに演る事がほとんどなこの曲を聴いてもらって、その後ライブでの大合唱をいつか実現させてみたいってシンプルな理由で入れました。

多分、フルアルバムを作る事になったらまた新録Verを収録すると思います(笑)。

M1とM2。

1枚売れるごとに東日本大震災テャリティとして計上して行き、ある程度まとまったら…9月のツアーファイナルが終わったらが最初の区切りになるかと思います…METAL bless JAPANを通して然るべき団体へ寄付していただきます。

ツアーファイナルを終えて、最初の寄付を終えたらお伝えしますね。

チャリティアルバムだって事はどうしても伝えておきたくて、それでも寄付しますとかあんまりおおっぴらにせずにサラっと裏でやりたかったんだけど…どうすりゃいいんだ?って感じですが、やっぱり知らずに購入される方がいるってのは何かイヤでね。

M1ではあの男の切り裂くようなシャウトが聴く事ができます…これは彼に参加してもらうのは至極自然な流れでした。
他にもM3ではギターに、M2には意外な楽器でゲストが参加してくれています。

この辺はもうちょっと後にお伝えします。

実はドラムパートは2015年に参加したコンピレーションアルバム"SHOUTING TO THE MOON"に提供した曲をレコーディングした時にレコーディングを終えています。もう2年前…だいぶ昔な気がします。

その後、地元のスタジオで弦楽器・ヴォーカルなど断続的にレコーディングを行い、また別のスタジオでミックスを行い、マスタリングを行い現在に至ります。

とても色々な事をこの1枚のディスクを作る為に学びました。
結果的にバンドに不相応なくらい多くの人が関わってくれています。

かなり生っぽい音に結果的になりました…そっちじゃない方向に行く可能性もあったんですけど、こちらに着地した感じ。
歌は全くのノーエフェクトのところもあったり…自殺行為です(笑)。
今的な音に比べるとスッカスカです…今回はソレで良いかな?からソレが良い!に徐々に変わって行きました。

アルバム作る時はもう、イジくり倒してやって…ライブで再現なんて不可能なくらいのヤツを作ってみたいという希望もあったり(笑)。

そんなこんなで、手元にCDとジャケットが届きました…見ての通り、別々にやって来ました。
これからメンバーと家内制手工業です(笑)。
e0015899_13594521.jpg
e0015899_13594592.jpg


なるべく早く今のツアーに投入しようとして調べたらこの方法がベストでした。
手間的には確実にワーストです(笑)。

そんな感じで、やっぱり長くなりました。
曲の解説とかまたの機会にします…ソレも多分長くなっちゃうんだろうなと、今から簡単に予想できます。

入手方法のメインはライブ会場での手売りです…ネットショップなど持ち合わせていないので、個人間のやり取りで通販みたいなものもやりますが、送料など確定できていませんのでしばしお時間いただきたいと思います。

このCDと共に残りのツアー各所へお邪魔します。
既に終えたツアー先は改めて再訪できるように打診・調整してみます…追加公演ってヤツですか?カッコいい(笑)!

活動期間のほとんどを物販などなく活動して来たバンドが、やっとお供を連れて行く事ができます。

先に述べたチャリティに参加するという側面も理解していただいた上で…

会場で手に取っていただけたら嬉しいです。
通販で受け取って、ライブに足を運んでもらえたら嬉しいです。

BOOTS WALKER 1st EP "I'M STANDING"6月9日リリースです。

宜しくお願い致します。


BOOTS WALKER EP "I'M STANDING" 2017.06.09 OUT !!

M1. I'M STANDING
M2. IN YOUR HANDS
M3. I AM

¥1,000 (without TAX)
e0015899_14170122.jpg

[PR]

# by bootswalker | 2017-06-09 00:09 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 06月 03日

チェックのシャツと鳴り止まないベースソロ

しばらくはこのタイミングしかないかな?…

先週の今日は大阪心斎橋paradigmにてライブでした。
paradigmスタッフのみなさん、対バンのみなさん、そして足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました。

西へ向かう際には、俺がハンジと合流してミチトの所へ…という流れ。
入りの時間がかなり早めなので、普段の日常とほぼ変わらない行動パターンとなる。

合流、合流と重ねて一路大阪へ…前日夜にラジオ収録だったので、早い段階で意識が…

ほぼ時間通りにparadigm着。
e0015899_07580434.jpg
弦換えて、リハやって…の、最中にスタッフの子とちょっとお話。
とあるバンドの子…以前に番組でオンエアする機会があってメッセのやり取りをした事があり、お礼がてらご挨拶。

よく判ったね?と言われたが…告知の投稿へ反応あったり、着ているTシャツ観れば判りますって!
何だかんだと結局1日お世話になる事になる。

リハを終えてメシ&散策…タイミングが良くなかったり、地元らしいもの求めたりで結構歩く。
1エリアぐるっと回った感じで入ったのがチェーンの定食やさん…まあ、地元にないからイイかな?って。

その後、別行動に…たこ焼きくらいは入れておきたいと、先ほど通り過ぎた店に。
ミチトもいたので一緒に店内で。
e0015899_08071345.jpg
メシの後なのに入っちゃった…後ほど、ライブ直前まで胃の中に居座る事となるのだけど…

開場…本日のお品書き。
e0015899_08093119.jpg
女性Voを擁するバンドの中にポツンと…あんまないシチュエーション、良いチャレンジ。

とある方の来場を大阪への移動中に知る事となり、ゆかりのある曲をセットに急遽入れる事に。

ライブは進む…Voを引き立たせようとしているバンドが多くて、やっぱウチとはアプローチが違うねと。
さすがのARESZの次がウチ、流れは良い感じにダーティーに。

SEが鳴る直前
e0015899_08483706.jpg

自分の音が出なくなる事、2回…2度目の時はちょっと焦った。
paradigmの好意もあり、セットはフルで演らせてもらった。

リズム隊は大変だっただろう…2人が刻むリズムの後に任意のタイミングで俺が入って曲がスタート!なハズなのにキッカケのギターがいつまで経っても鳴らない。止めるワケにもいかないしね。

バンドもそうなんだけど、フロアのお客さんも緊張感というかバンドへの興味というかを切らさずに最後まで受け止めてくださってくれて感謝です。

ライブの最中には…これまでのツアーの中でも伝えているんだけど…バンドの近況を伝えてまして、月末には京都があるけど、何とか機会を作ってもう1回大阪でプレイできるチャンスを作りたいな。

その後、ライブは進み…途中でクールダウンの為にコーヒー入れて、終演。

色々と気付く事が多い1日でした。
モニターでは伝わらない微妙な空気の流れや変化を掴めるバンド、掴めないバンド。
対バンスタイルのライブに出演している限り、その辺はしっかり意識しながらライブしたいものです。
ファンにとっては嬉しいショットも、その裏に隠されている事実に気付くと何処を目指しているのかな?って。

そして、流れの中でしっかりと良い性能を持ったアンテナ装備のフロアのみなさんに感謝です。

逆に…ね(笑)。

良い意味での収穫と悪い意味での収穫でプラマイゼロかな?
たまたま続いた感じだけど、逆は多分対応できないでしょ?


さて、ツアーは続きます。

6月に入って…多分、気がつくと8月になってそうな感じ。
週末ライブ演って、移動して、アップして、告知して…間にラジオやって、来週には更にヤツもやって来るしで。

ちょっと余裕があったハズの5月が気がつけば速攻で終わっちゃってたんだから…先月より絶対早く感じそう。

6月7月と駆け抜けます!各地にお邪魔します!お近くに訪れた際には是非!

BOOTS WALKER "S&W Tour 2017" June & July
6月 3日 土 名古屋 アンリミッツ
6月 4日 日 静岡 サナッシュ
6月10日 土 広島 スマトラタイガー
6月11日 日 四日市 クラブケイオス
6月17日 土 吉祥寺 クレッシェンド
6月24日 土 新潟 ゴールデンピッグス レッドステージ
6月25日 日 京都 モジョ
7月 1日 土 いわき クラブソニック
7月 2日 日 宇都宮ハードロックハウス
7月 8日 土 熊谷ブルーフォレスト
7月 9日 日 新宿ワイルドサイドトウキョウ
7月15日 土 富士アニマルネスト
7月23日 日 名古屋タイトロープ
7月30日 日 本八幡ルートフォーティーン

[PR]

# by bootswalker | 2017-06-03 08:54 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 05月 24日

東海三?四県?

"S&W Tour 2017" 3本目は岐阜、柳ヶ瀬ants。

初めましての岐阜。

今日は西へ向かうのでハンジの所へ…そこから合流してミチトの所へというのが本来の流れなんだけど、翌日の諸々の為に富士で集合。
前日の家庭内手工業のおかげで合流後即寝、起きたら一宮。

その後順調に進み、予定通りにants着。
いきなりのもてなしに心打たれる。
e0015899_00223478.jpg
リハ…お店のJCM900との相性が良い!
2000の時とは欲しい音がちょっと違うんだけど、900で欲しい音がしっかり出てるのでやりやすい。

リハが終わって色々準備…メシは顔合わせ終わって開演までの間だな~。

そんな中、1本の電話が入る。
その後も他のツレから電話があったり。
こちらからも確認の電話入れたり…まだ実感が沸かない、沸くワケがない。

それでもライブを演るのです。

まだ全然実感沸かないから逆に良いのか?
比較的落ち着いている…この後、翌日の昼あたりから辛くなるんだけど。

Black Marketのnucoクンにこの辺のメシ事情を聞く。
顔合わせ終わったら連れてってくれる事に…ありがたい。

いないバンドもいたけど(笑)、顔あわせ終わってメシへ…柳ヶ瀬はなかなかにディープな場所らしく、不思議な佇まいの町。
オススメのラーメン屋がまだやってる時間のハズなのにシャッター下りてる…
しばし徘徊するも開いてる店がない…あってもコスパが…
対バンとすれ違い、彼らもラーメン屋を狙ってると…お互い残念。

結局、コンビニでメシを買って楽屋で。
オススメのラーメン屋は次回に期待。

開演。
e0015899_01440873.jpg

各々の轟音を響かせてライブが進む。

4バンド中4番目の出番。
フロアに人がいるんだろうか?と、ココでも不安になる。

幕がないのでフロアがガン見えの中でセッティング…BIORED小鉄氏とあと一人がいるだけのガラ~ンとしたフロア。
不安的中。

引っ込んでSEを待つ…まぁ、対バンは観てくれるだろうし、演る事しっかり演るだけ。
気持ち良い音が鳴らせてるし、気持ちの良い音を鳴らしてくれている。

フロアの外にドリンクカウンターや物販があるので、ライブが始まったらフロアに入ってくる感じ。
そういう意味じゃ、1曲目を見逃したキミ達…損したな(笑)。

そんなにたくさんの人がフロアにいるワケじゃない…けど、対バンのみんなも、チビッコも、大人も、男も女も、しっかりとウチのライブに向き合ってくれてる。

らしいライブを味わってもらえたんじゃないかな?
楽しむ事ができたし、楽しんでもらえたんじゃないかな。

アンコールもいただき、リクエストを振ったらチャレンジせよ!との指令が…岐阜の女の子はコエーな(笑)。

終演後、チビッコがまた観たいってちょっと緊張しながら声かけてくれたの、嬉しかったな。
その後はリラックスして何歳?とか聞いてきたけど(笑)。

また会いに来てくれよな!

物販フロアに出てもらった2人も、色んな人と話が出来たみたいだし、フライヤーやら持ってってもらえたようだしで良かったよ。

終演後、Black Marketと一緒にメシ…彼らとは来月の3日、名古屋のBIOREDのイベントでも一緒です。

翌日8時にミチトが前橋にいなきゃいけないってんで、運転してみた…途中でギブでハンジくんと交代。
4時前に到着、空が明るくなるのを観ながら帰宅しました。

e0015899_01565178.jpg
次回、今月ラストは27日大阪…女性フロントウーマン多めなイベントに参加します!

2017.05.21 (sun) ants YANAGASE GIFU GIFU
w / Black Market / minderased / UNDER GROUND MEW

[PR]

# by bootswalker | 2017-05-24 02:05 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 05月 23日

龍は空へ昇って行く

友人が逝った。

親友って言っても良いのかもしれないし、親友だったってのが正解なのかもしれないし。
中学からの同級生。
部活も一緒。
同じような音楽が好きで、俺はコレ、お前コレか…みたいな。

例えば、同じ学校だった…とか、そんな感じの友人というか知人が亡くなるのは何度か経験している。
でも、そいつと2人きりで時間を過ごす事も普通にあったりしたツレがいなくなるのは初めての経験。

まだ信じられない。

Facebookに職場の人がその旨を投稿したとの事で、友人から連絡があって知る事になったんだけども…
Facebookで繋がらなかったんだよ…何でか。

多分、ヤツの方も…知り合いかも?に俺が出てきてたハズだと思うんだけど、何でか。
Twitterでは繋がってて、ちょっとしたやり取りしたりして。

ほとんどが自分が写っていない、フロアの後ろ…卓からステージの方を移した写真がアップされてて。
それがもう、全国各地のライブハウスで。
顔は見えないけど頑張ってんだってのは余裕で判る感じで。

Twitterでのやり取りを見返してみると…すれ違いばっか。

地元で予定合わせようとしてダメだったり。
新宿と池袋で出演時間が合わなくてダメだったり。
JUDASで同じ武道館の中にいたのにとか…これが最後か。

残念、また今度ね~とか。

多分、無理矢理にでも調整すれば会えたんだよね…多分。
でも、次にね!~があると思ってたんだよね、お互いに。

しっかり仕事として音楽と向き合ってたヤツだから、俺ももっとしっかり動けるようになんないと同じ土俵で話ができないとか思ってて。
それで少しだけ距離を取っちゃってたのかな?俺。

ウチの音、作ってもらいたかったな。
ワンマンじゃないにしても、音源伴った重要なイベントの時には…とか、思ってたんだぜ。
今、やっと良い感じになって来たんだよ。
やたらと時間かかってるけど、やっと良い感じになって来たんだよ。

2人でボールを持つのもキツくなるくらい延々とボーリングやったりしたな。
地元の先輩のデビューライブ、仕事仲間が音響やってたから教えてくれてライブ観る事ができたな。
遅くなっちゃったから帰れなくなって、横浜の家に泊まらせてもらったり。

俺の買ったばっかだったランディローズの写真集返せよ!
まあいいや…向こうで本人見つけてサインもらっといてよ。

理解はしたけど、実感が沸かない今の状態のまんまで良いかな…

多分、色々といっぱい頑張ったんだろうな…お疲れ。
俺、コッチでもうちょっと頑張るよ。

またな。

[PR]

# by bootswalker | 2017-05-23 00:15 | Comments(0)
2017年 05月 20日

関東のど真ん中で叫ぶ

"S&W Tour 2017" 2本目は茨城県古河市。

バンドとして初めての茨城でのライブ…多分、個人的にも初だと思う。
昨年、宇都宮でのライブの時に一緒だったAll Reverseの松下さんに協力してもらって実現したライブ。

対バンはとてもおめでたい事があって今回は実現しなかったんだけど、何だかんだと動いている事によって繋がりは広がる。

対バンのみなさん、古河Spiderのスタッフのみなさん、足を運んでくれたみなさん…ありがとうございました!


当日、順調に昼前に集合して出発。
新宿に用事があったのでまずは大都会東京へ。

その後は高速で北関東へ…関東平野は平らだね。高速走ってると山らしい山がない。
高速降りてあと数10キロ…メシだ、メシをくれ!

何となく…地元にない店を求めてしまうが、こう、ピン!と来るのがない。
アタマの中にはこの辺だとあの店はあるだろ…って、ありました!

山田うどん
e0015899_23594862.jpg
懐かしいのもあってGO!
まあ、味はね…そこはね…
地元でいうとスマル亭みたいなもんなのかな?

到着!埼玉から近いのね。

スグにリハ。
ドカドカとモニターからドラムが返って来てROCKな音がするなって印象…変にリクエストの必要もないかなって事で、いつも通り最後にSEのチェックして終了。

ナビでチェックするとそんなに離れていない道の駅で友人がライブを演っているのを来る途中で知る。
メシは食ったし、時間はあるのでちょっと行ってみるか?と…イベント自体は着く頃には終わってるんだけど、ちょっとしたドッキリで。

ドッキリ大失敗(笑)!…会場は撤収作業中、音響さんに聞いたらもう帰っちゃったって…残念。

で、本番。
本日のお品書き
e0015899_00153350.jpg
バラエティ豊かなメンツ…地方はこんな感じってのは、地元も同様なのでやる事やれば面白い事になる。

僕らの出演順には帰らなきゃいけないってのに顔を出してくれた人や。
人造人間なハズなのに人間の姿で顔を出してくれた人たちもいたり。

こんなん、良いライブするしかないじゃんか!

気持ち先行、空回ったかもしれない…それでも刻み込めたものもあった。

BOOTS WALKER??誰それ??って当然の展開。
それでも一緒に演ってくれた対バンも、しっかりライブをチェックしてくれて。
楽しんでくれてるというかライブを一緒に作ってくれたりで…感謝。

また会いたいヤツも増えた…って事は、戻る理由が出来たって事。
少し時間を空けないと対バンできない人もいるし。
もしかしたら少しカタチを変えて再開できるかもしれないヤツらもいる。

フロアの人数は少々寂しかったかもしれないけど、それは盛り上がりには関係ない事で。
この場所へ来なかったら出会えなかった人もいる。

対バンのひとりが終演後に…普段、こういう(ヘヴィなの)のは聴かないんですが、カッコ良かったです!って。
お客さんでも対バンでも、今回のツアーで聴きたかった言葉を早くも聴く事ができたのは大きな収穫だった。

まだまだ始まったばかりのツアー、お近くに行ったら是非に!
ゴツいのお届けします!

2017.05.14 (sun) SPIDER KOGA IBARAKI
- BOOTS WALKER S&W Tour 2017-
w / 3beat / キムラ×ヤナギ / 床上手

e0015899_00581032.jpg
e0015899_01000890.jpg
e0015899_01014870.jpg

[PR]

# by bootswalker | 2017-05-20 01:02 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 05月 02日

怪獣大戦争

4月30日、新宿ワイルドサイドトウキョウにて"S&W Tour 2017"キックオフしました。

ワイルドサイドトウキョウ、8周年おめでとう!!
東京のホームと思っているハコの周年記念に出演できて光栄でした。

対バンのみなさん、ワイルドサイドトウキョウスタッフ、そして足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました!

イベント的には…クセがスゴイ!

キラキラというか、ギラギラというか、ギトギトというか…ともかく、濃い~連中に囲まれてのライブとなりまして。
逆にドス黒さが鈍く光ってくれたかな?とか思ったりね。

1月にツアーを終えて、3ヶ月ちょいライブの間隔が開いたんだけど…やっぱり、少しばかり不安だったり。
周りが強者ばっかりだしね。
イメージと実際のズレってのはやっぱりあったりするもんで、修正するのに一苦労。

ツアー進めて行くうちに…というか、一本ライブこなしたんでもう大丈夫。
これから色んな状況でのライブを経験する事によって強くなるんだね。

緊張感ある初日ってのも良いし、もう1回控えているワイルドサイドはまた違った趣になるだろうし、ファイナルは最高潮になってるだろうし…同じライブは演らない(演れない)ので、お好みの会場・日程で楽しんでもらえたら嬉しい。

各地で良いバンドと演りあえる楽しみ…いきなり楽し過ぎたし。
結構、各地で良いバンドとぶつけてもらったりしてるので幸せですよ。

また一緒に演ってみたいバンドもあって…レスポンスだったりがとんでもなく良いのも嬉しくなっちゃう。
その辺はツアーが進むにつれて明らかになってくんじゃないかと。

9月まで色んなハコで色んなバンドと演り合います…またどこかのライブハウスでお会いしましょう!
e0015899_20140091.jpg

2017.04.30 (sun) WILDSIDE TOKYO SHINJYUKU TOKYO
-WILDSIDE TOKYO 8th Anniversary- CRAZY NIGHT

w / HERNIA_44 / HELL DUMP / THE LEX / いけない楽園 / THE BLUE SCREAM
e0015899_20122688.jpg

[PR]

# by bootswalker | 2017-05-02 20:14 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 04月 24日

キックオフ

もう次の日曜日…まだピンと来ない感じ。

9月まで…週末だけだけど…続くツアーのはじまりはじまり。

4月は最終日のみ。
5月は3本。
6月は…この辺からボルテージが上がって来ます。
7月も同じく毎週ライブで。
8月は追加っぽい感じで1本。
9月でファイナル。

そんな最初の一歩は新宿のワイルドサイドで。

ワイルドサイドの8周年記念、ラストを飾るイベント。
キャラ濃い目の連中にまぎれてドス黒い光を放って来ます。

一緒に東京でのホーム、ワイルドサイドの8周年をお祝いしましょう!

2017.04.30 (sun) WILDSIDE TOKYO SHINJYUKU TOKYO
- WildSideTokyo 8th Anniversar CRAZY NIGHTy -

w / HERNIA_44 / HELLDUMP / THE LEX / いけない楽園 / THE BLUE SCREAM

OPEN 16:00 / START 16:30
ADV 2,500+1D / DOOR 3,000+1D

e0015899_22403180.jpg

チケットの予約・取り置きはHPのメール、Facebookのバンドページや個人ページへの書き込みやメッセージ、Twitterのダイレクトメッセージなど。どこからでもお受けしますので、お名前と予約枚数をお伝え下さい。

[PR]

# by bootswalker | 2017-04-24 22:41 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 04月 16日

"S&W Tour 2017"

ご無沙汰してます…今年アタマにツアーを終えてからの放置。

そして、月末からツアーが始まる。
前回より多くの本数を廻ります。

4月30日、ワイルドサイドからキックオフして9月17日のアニマルネストまで。
18ヶ所で20本。

初めましてな地域が5ヶ所。
初めましてなライブハウスが9ヶ所。

東京が3本。
名古屋が2本。
静岡県内4本…追加あるかな?

東日本 9本
中日本 8本
西日本 3本

このツアーの意味するものは?…もうちょっと後になりますが、準備出来次第にお伝えします。
各地でお会いできるのを楽しみにしています!

e0015899_18442777.jpg
BOOTS WALKER ""S&W Tour 2017"

2017.04.30 (sat) WILDSIDE TOKYO (TOKYO)
2017.05.14 (sun) Spider (IBARAKI)
2017.05.21 (sun) ants (GIFU)
2017.05.27 (sat) Paradigm (OSAKA)
2017.06.03 (sat) UNLIMITS (AICHI)
2017.06.04 (sun) sunash (SHIZUOKA)
2017.06.10 (sat) SUMATRA TIGER (HIROSHIMA)
2017.06.11 (sun) CLUB CHAOS (MIE)
2017.06.17 (sat) CRESCENDO (TOKYO)
2017.06.24 (sat) GOLDEN PIGS RED STAGE (NIIGATA)
2017.06.25 (sun) MOJO (KYOTO)
2017.07.01 (sat) club SONIC iwaki (FUKUSHIMA)
2017.07.02 (sun) Hard Rock House (TOCHIGI)
2017.07.08 (sat) blue forest (SAITAMA)
2017.07.09 (sun) WILDSIDE TOKYO (TOKYO)
2017.07.15 (sat) ANIMAL NEST (SHIZUOKA)
2017.07.23 (sun) TIGHT ROPE (AICHI)
2017.07.30 (sun) Route Fourteen (CHIBA)
2017.08.05 (sat)MESCALIN DRIVE (SHIZUOKA)
2017.09.17 (sun) ANIMAL NEST (SHIZUOKA)


[PR]

# by bootswalker | 2017-04-16 18:52 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 01月 29日

WWW Tour 2016-17

新年一発目がツアーファイナル…始まりなんだか終わりなんだか判らないけど、とにかくこの日がやって参りました。

●年末年始…それなりに雰囲気は感じつつも、年末のライブから1週間チョイ。それどころじゃなかったってのが正解。
●仕事始めやらなにやら…やっぱりそれどころじゃない。

●元々、こんな感じでイベントやってみたいというリクエストをして、バンドも希望を出して始まったお話。
●ツアーファイナルはワイルドサイドって決めてた。
●なので、2日後の横浜は追加公演と言い張る(笑)。
●リクエストしていたバンドは全部断られちゃったけど(笑)、まあ大人の事情とかあったり他でライブだったりでしょうがない。
●結果オーライ…初めましてなバンドいっぱいで、でも最初のリクエストに沿ったメンツで身が引き締まる。
●さすが!だね。

●で、当日…

●ちょっと早めにワイルドサイドに到着…メシを先に。
●だいぶ前に教えてもらった焼肉屋さんのランチを久々に…やっぱコスパ最高!

e0015899_18173845.jpg
●本日のお品書き…ウチのロゴのデカさは、初めて見た時には正直ビビった…

●さて、スタート!いきなりのOMEGA DRIPP !!
●これはもの凄いインパクトだった…ネタバラシしちゃえばダブルブッキングなんだけど、ナイス!
●Revolt of Roger…若手、SKID ROWとかそんな雰囲気があるね。
●観たい・表現したい光景の為にはまず自分達から…巻き込むには大事だったり。
●自慢☆毛…今回のビックリ。
●みんなスゲェ上手いの…で、戦ってんな~。
●CORKE…HPとかチェックしてて、おっかなそうだな~と、言ったらお互い様だって(笑)実際はナイスガイでした。
●切れ味鋭いR'n'R…ゲストでSLHのRayneちゃん、お久し振りに元気にはじける姿を観れました。
●小畑秀光…準備もあって楽屋でのチェックがメインになっちゃったけど、一言…熱い!
●歪みを極限まで抑えてあのプレイってのはとんでもなく凄い。
●知り合いではあるものの仲良しってバンドはいないので、ウチのツアーファイナル感は一切ナシ。
●それがまた心地良かったりするんだな。

●で、ウチ。
e0015899_16571835.jpg
●SEが鳴り、幕が開く…不安だったり、プレッシャーだったりはいつもの事。
●思ってたよりフロアに人がいる…安心するというか何というか。
●出演バンドも含めて初見の人多し…ツアーファイナルとか関係なく、勝負のはじまりはじまり。
●観に来て欲しかった人も足を運んでくれて、これはちょっと良い雰囲気なんじゃないか?と。
●本日、我らがヘッドライナー…各々が振れ幅大きく色んな色を見せてくれた本日のイベント、しっかり締めてご覧にいれましょう。
●…と、結構な早い段階でイケると確信する。
●こうなって来ると上手い事、静寂もコントロールできるのでウチらしいライブになる。
e0015899_17270931.jpg
●一部の熱狂的なお客さんが引っ張ってくれて、本日もアンコールいただきました…
●元々、演奏時間を多くもらっていたので、演れる曲などあるハズもなく。
●本編ラストをもう1回…富士と似たような流れ。

●とても昔からの友人や後輩が観に来てくれて、なおかつ楽しんでくれてるのは力をもらう。
●関東の他のライブもチェックしてくれた友人からの言葉に驚いたり喜んだり。
●静岡から足を運んでくれた人もいたり…俺ら、東京でも頑張ってるよ!
e0015899_17392260.jpg
●もっと凄い事やってるバンドがいるのも重々承知しているが、とりあえず今日はファイナルのイベントを新宿で行えた事を誇りたい。
●家帰ってDVDを観ると、いろいろと修正しなきゃいけない事が見つかったのは後日談。
●これを修正したら良いライブバンドになるぞ!

●今はこれで良い…近いようで遠いこの距離感、1本裏通りを通ってる感じ…今はこれで良い。

●春頃、再びのツアー…各所でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
●今回は2ヶ月チョイで9本+追加公演で10本…もうちょっと日程長めで本数増やしますよ。

●追加公演と言い張ってる横浜7thアヴェニューでのライブも触れておこう…新宿より未明に帰って急いで洗濯、完全廃人で1日オフ。
●ひと月おきに9月・11月・1月と…カタチになれば今回が一番有意義だったかも…
●レコ発で訪れてみたいものです…その時はどんな風になるかな?

2017.01.07 (sat) WILDSIDE TOKYO SHINJYUKU TOKYO
-WALKERS WERE WALKING TOUR 2016-17 FINAL-

w / OMEGA DRIPP / 小畑秀光 / / CORKE / 自慢☆毛 / Revolt of Roger


2017.01.09 (mon) 7th Avenue YOKOHAMA KANAGAWA
w / 5X / HAREM / Insfeel

[PR]

# by bootswalker | 2017-01-29 18:00 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2017年 01月 18日

俺の名を言ってみろ

昨日の名古屋編に続き、やっと昨年ラストの富士を…
ある意味インフルエンザに感謝せねばなるまい。

●結構コンスタントに入っていたライブだが、前回の名古屋から10日以上経過。
●なんだか久し振りなライブという気になるから不思議。
●年内ラスト、ツアーでいえばセミファイナル。
●JASONSを富士に迎えてのライブ…さて、名古屋でホームのライブを観たが富士ではどうなるか?

●地元は別行動…バラバラにハコ入り。
●3日の名古屋でJASONS伊藤くんに差し入れいただいたのでお返し買ってからハコに向かう。
●リハ、ちょっと早めに入って少し長めにやらせてもらった。
●JASONSとは前回一緒だったけど、地元バンドとは初めまして。

●リハが終わり、メシ…良く行くバーリ・トゥード的なレストランを目指し歩く。
●少し前に車で通った時には営業中だったのに、到着したらシャッター閉…
●ハコ方面に戻る…近場のラーメン屋、ファミレスいずれも待ちの列が。
●同じくメシ難民状態のミチトと合流…ファミレス向かいの定食屋へ。
●ココ、いつも気になってたんだけど、遂に入店。
●さばの味噌煮定食を食べる…期待以上でも以下でもなく予想通り…こんな感じの昔ながらの定食屋があるのが嬉しい。
●これから富士はここメインにしよう。
e0015899_21342274.jpg
●ライブスタート
●大燈亞…コンセプトに賛否あれど、ライブ運びは良いよね。リハとのギャップが面白いってのは関係者特典か。
●Nell Friends…浜田麻里のコピバン。
●メインのバンドでのキャリアとか置いとけば今回の順番はトップが妥当。各々の力量は充分でも練習不足は否めない。
●久し振りにああいう感じのライブ運びをするフロントマン(ウーマン)を観た。
e0015899_21540980.jpg
●JASONS…名古屋から続いての対バン。
●諸々の仕掛けもしっかりハマり、しっかりと傷跡を残すのはさすが。
●しかし何だ…俺が知っている伊藤くんとステージの伊藤くんの乖離具合がハンパねえ。
●そしてカッコいい!!見事な自己プロデュース能力。
●めったにやんねえけど、回ってみた(笑)。
●即効性の高いバンドが十二分に魅力を発揮すれば初見だろうが、そりゃフロアは沸くってもんだ。
●基本的に名古屋と同一のスタンスでライブに挑んでいる感じ。
●良いステージでした。
e0015899_22341629.jpg
●さあ、行くぞ!
●しっかり観ちゃってプレッシャーみたいなもんも感じつつのライブになりそうなんだけど…
●それはそれでアリ。良いライブを見せられりゃあ焦ったり自分ちは大丈夫?なんて思ったりは自然な事で。
●そうじゃない度胸満点なバンドもいるだろうが、俺はそうじゃないし。
●俺らが本日のヘッドライナー…そこを越えて行かなきゃなんないし、そこを越えようとするから良いライブになる。
●同じようにしようとしたって、それは俺らの演り方じゃないしで、アタマの中はフル回転。
●しっかりと丁寧にステージ上にもフロアにも注意を払ってライブを進める。
●使えるものは全て使って、持ってるものは全部出して。
●まぁ、ホームのアドバンテージ全開だったんですけど、ステージから見える景色は良いものとなりました。
e0015899_23012726.jpg
●アンコール…来ました。ありがとうございます。
●一応、今回はウチのツアーセミファイナル…1日通してそんな事、微塵も感じる事はなかったけど(笑)。
●最後はそれっぽい感じで締めましょう!
●とは言っても、曲なんか準備してないし…おっかなびっくりのIN YOUR HANDSを久々披露。
●本八幡で多めに時間もらって演っといて良かった。
●結構、気に入ってくれる人多いんだよねこの曲…音源に期待して。
●マスク再び…後で、顔が黒かったと聞かされるもこのときは知る由もなし。
●そして、楽屋で誰かが何やらやっているのがカーテン越しに見える。
●俺の目の前にジャギ現る(笑)!
●俺の名を言ってみろ!
●そして本編ラストをもう一度…今はこれが精一杯。
●終了…すっからかん。

●ハコを後にして打ち上げ…JASONSとお客さんと居酒屋へ。
●ハコ以外での打ち上げって久し振り、甲府はそうだったけど、地元だといつ振りだ?
●笑った…とにかく笑った。
●ハンジとゴリくんのアツい語らい。
●やっぱ頑張っているバンドの人の話って面白い、似たような考えも随所であったり。
●同じ土俵で競えるようになんなきゃね。
●結構な長い時間店にいたな~…2時間しばりとか最初に言われた気がしたけど、解除されたのかな?
●ラーメン組と別れて帰路に。
e0015899_23325106.jpg
●お疲れさまでした、残りはファイナル!…と、追加公演。

2016.12.29 (sat) ANIMAL NEST FUJI SHIZUOKA
-ROCK SCRAMBLE 番外編-
w / JASONS / 大燈亞 / Nell Friends

[PR]

# by bootswalker | 2017-01-18 23:35 | BOOTS WALKER | Comments(0)