人気ブログランキング |

WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:BOOTS WALKER( 573 )


2019年 08月 16日

稲毛・仙台・広島

約3か月ぶりの更新…その間に歳を重ね大台に乗りました。単発でのツアー(と言うのかな)、3連発を終え、連休とか関係ない自分は時間がぽっかりできてしまったのでPCの前へ。

まずは7月の稲毛…SNS等で何度も書いたけど、昨年に自身の都合によりキャンセルしてしまったライブと同じ会場で同じ主催者が声をかけてくれた。
もう感謝しかなくて、それはプレイでしか返せない。

また機会を作って書きたいと思ってるけど、とても音が好きなハコでした!自身が思い描く理想的なライブハウスにとても近い。

僕らはイベントの主軸からすればちょっと端っこな感じ…でも、良い感じの雰囲気は作れたと思うし、TRAVEのカブくんに…ウチがステージに出た瞬間から空気が少し変わったって言ってもらえたので役目は果たせたかと。

3ヶ所とも共通で、地元というか早い出演順のバンドの子たちが(広島はウチがトップだったけど)最前で楽しんでくれたりしてフロアをつくってくれてたってのも大きかった。

音を褒められる…とは言っても、使っているのはハコのマーシャル。お店のメンテが良いのでしょう。
必ず機会を作って戻りたいハコです。そしてまたTRAVEと演り合いたい。

おまけ…千葉と言えばジーパンセンターサカイ…前に本八幡で買ったデニムが財布を入れるのと逆のポケットが穴が開くという不思議で、新たに今回は小岩の方のお店で購入。夏にノンウォッシュのデニムはやっぱキツいという後日談も。
e0015899_22315816.jpg
翌週は仙台…ノンジャンルのイベントに混ぜてもらった。
開場のennはヒスとか入っているビルの地下…おしゃれな感じ。
仙台のハコはアーケードを起点にして何か所か出演しているけど、どこも立地が良いなと。
その近くのアーケード…最初の仙台で牛タン食べた店からスグだった…時間が合わなくて準備中だったのが残念。
しかし、リハ終わりで行ったお店の牛タンが絶品だった。

チーム米沢のみんなが遊びに来てくれて、フロアには他に爆音に耐性がありそうな人が残っている感じ。
主に対バンの人たちのノリが良く、モニターを見たからか後からチェックに来る人もちらほら。
初ライブのバンドとかまた一緒に演れたら成長していそうでとても楽しみ。

良い反面教師がいてくれて、こうはなっちゃいけないと肝に銘ずる。
そして、仙台という街には知り合いがいるにはいるのだがゼロから始めないといけないと痛感。
それはそれで良い、他の街と同じで地道にやれば良いだけなので。

米沢のみんなと帰り際のSAにてメシ…楽しい時間を過ごして帰路に。

ウチの演奏が始まってスグに地震があったようで…振り返ると、しきりにフロアのお客さんがミラーボールを指さしていたのは揺れているというアピールだったのかと後から気づく。

全く気付かないでプレイしていたんだけど、後から結構な揺れだったと教えられた…知る限りでは大きな被害などなかったようなのでひと安心。
e0015899_22535656.jpg
そして広島…先月の後半、自身の誕生日のメッセージをもらってから、コロコロと転がり急転直下、参加が決定したライブ。
リハーサル時間直前に何とか到着…東広島に入ってから銭湯に行っても余裕な感じだったんだけど、その後が大変でした…

今月に惜しまれながら閉店してしまいというBAD LANDSというハコ…ライブ中にも警官が来たりして、住居が近い場所でのライブハウスの継続の苦労が垣間見えたり、ああ、こうやってハコは終わってしまうんだな…と聞こえてくる会話から察したり。

広島は3度目…とても運が良い事に、最初のライブで一緒だった人やそこで気に入ってくれた人が変わらずサポートしてくれる。
今回は地元バンドの仕事の都合だったりでウチの出番がトップになったんだけど、何となくイケるんじゃないかって自信があったっていうか不安はなかった。

今回のツアー、割とリラックスしてフロアと会話しながらライブを作っている。
それでセットリストがライブ中に変更になったりするんだけど、今のところ間違った判断はしていないと思う。

先に書いた最初のライブでも一緒だったHIGH WIREはメンバーチェンジが功を奏して良い感じ。
年内にもう一度広島に!…なんて話にもなりそう。実現したら嬉しいな。

帰宅は翌日の…俺に関しては日付変わってた。
流石にみんな疲労困憊…広島行く時は高速使おうと心に誓うのでありました。
e0015899_23113350.jpg

今月もう1本、こちらも久し振りになる静岡市でのライブです。
そして、年内各地にお邪魔しますので、お近くだったり、多少足を伸ばしても面白そうって思えたならば是非!

各地でお世話になったみなさん、ありがとうございました!
またお会いしましょう!


by bootswalker | 2019-08-16 23:12 | BOOTS WALKER
2018年 12月 20日

MOUNTAIN TOP JAMのススメ Day1

もう今週末…やるべき事は全てやった…とは全く言えない状況ではあるのだけれど、それでも日は上り沈む。

個人的に見どころなどをお伝えできればと。
参考になるかは別として。
ラジオで喋ってた事とほぼ一緒になるかな?

まずは初日。

奏手候(京都)
昨年末のMTJ15に続いての参加…なので、約1年ぶりの静岡。
和楽器を使わない和ロックバンド…古今東西・老若男女、どこでも人気者になれそうな雰囲気を醸し出している。

まず、キャラが立ったバンドの姿に目を惹かれ、続いてお優美さんの歌に耳を持って行かれって感じかな。
プレイヤー視点だと、リーダーが確立したバンドとしての方向性をメンバーがしっかり理解している事が強みではないかと。


TSP(東京)
2月のJust Add Life(以下JAL)に続いての参加。
とは言っても、VoのRIKIが体調不良という事で最近のライブに参加する事ができず、MOUNTAIN TOP JAM(以下MTJ)にも不参加となってしまったのは残念。

サポートVoとしてギターのShu氏のかつてのバンドメイトYazz氏がこの窮地を救う事となる。
前回の2月、加入間もないRIKI氏が見せたパフォーマンスがどれくらい進化しているか楽しみだったが、それはまた次の機会に。
今回の編成は22日富士と翌日の東京のみのレアな編成らしいので富士に来る良い口実になるのではないかなと思う。


The Blue Scream (東京)
6月のJAL以来、半年ぶりの静岡。
前回もシングルのレコ発ツアーだったハズだが、今回もアルバムをリリースしてのツアーのスタート地点に再度静岡・富士が選ばれた。
LA METAL / HAIR METALという世代によってとらえ方が大きく変わるキーワードを武器に、目下注目度急上昇中のバンド。

先に紹介した2つのバンドとのフロアの動き方の違いを比較すると面白いかもしれない。
わかる人にもわからない人にも、そのキャッチーな楽曲とナチュラルなリズムは自然と入り込んで行くのではないかと思う。


ARGUMENT SOUL (名古屋)
個人的に国内メタルシーンでもっとも好きなシャウターが神谷クン。
とても久し振りとなるARGUMENT SOULの富士でのライブ。
出演順でとても悩んだポジション…普通ならココじゃないだろうなってのは判ってるんだけど、あえてココで出演してもらおうと。
彼らがこのポジションでプレイしてくれる事によって3日間通して一本芯が通るんじゃないかって思っている。
前回富士に来てくれた時に交わしお互い早いトコ音源出そうとの約束を果たせた時にはしっかりとヘッドライナーでプレイしてもらう。
HEAVY METALが好きだという方は観といた方が良いよ。刺さらないハズがない。


シャイ・オブ・リムジン (千葉)
ツアー先の本八幡で対バンだったバンドから派生したVoとBaのバンドというかユニット。
音源リリースしてツアーを先日終えたばかりだけど、またプチツアーに出るみたい。
その一環での富士…期待してる以上のモノを見せてくれるだろうと期待している。
ラウドでありポップであり、個人的にとても好きなバンドです。


SOL-TRIBE
地元清水から参加。
メンバーチェンジによってかなり変化したであろう姿をようやく観る事が出来る。
来年の1月に自身のイベントを清水で開催するようなので、遠征組から富士のお客さんまでみんな清水に連れて行くつもりでやってくれるといいなと思う。

NellFriends
3日間のオープニングを飾るのはアニマルネストオーナーKUNIさん参加のカヴァーバンド。
本来の姿での参加は叶わなかったけれど、ネルさんとのコンビもかなり充実して来ているので良い幕開けになるでしょう。

BOOTS WALKER
ウチ。
いつもと変わらず、気負って緊張して全部ぶつけますので受け止めて下さい。

2018年12月22日・23日・24日
BOOTS WALKER Presents MOUNTAIN TOP JAM Vol.16
-Just Add Life Final-

富士アニマルネスト
15:30 / 16:00

12月22日23日24日 3日通し券¥4,000(各日、入場時に1ドリンク¥500が必要となります) 
12月22日・23日 各1日券¥3,000(各日、入場時に1ドリンク¥500が必要となります)
12月24日 1日券¥2,000 (入場時に1ドリンク¥500が必要となります)
各日中学生以下入場無料(各日、入場時に1ドリンク¥300が必要となります)

12月22日(土)TSP / 奏手候 / The Blue Scream / Argument Soul / シャイ・オブ・リムジン / SOL-TRIBE / NellFriends / BOOTS WALKER
12月23日(日)HELL DUMP / Fill it up / POWER TOUCH / sarabounce / HEAVEN'S CROW / MIO BAND / ゲリゲリ団 / BOOTS WALKER
12月24日(月)爆弾幸気圧 / BIO RED / VIGOR EGG / LOOSE END / Nicol's Whiskers / LAYLA / BOOTS WALKER

by bootswalker | 2018-12-20 22:15 | BOOTS WALKER
2018年 12月 05日

Just Add Life 終了!

3週連続でのライブを終えて、ようやく取り掛かる。

11月17日、富士アニマルネストでのJust Add Life -Nov-終了しました。
ご来場いただいたみなさんを筆頭に、出演いただいたバンドのみなさん、アニマルネストのみなさん、ありがとうございました。

RagDollz…キュートさの裏に垣間見える狡猾さ、場数を踏んでいる者が醸し出せる佇まい。
西も東もなく飛び回っているバンドの強みが凝縮されていたように思います。
個人的好みに由る所が大きいけど、やはり生ドラムの音圧が欲しいところ。
ただ、そこに拘る事がバンドのフットワークの足かせになるなら…う~ん。

HELLHOUND…アイコンとしての強さを見せつけたライブ。
その日の目的があって、その先の目的があって、それを成就する為に向かって行く様は圧巻。
単純に楽しいを提供する為に、色々と考えて練っているんだろうな…と。
諸々の諸条件が許されるならば、大きな都市以外もくまなく回ってもらって、各地で会う対バンのお客さんのファーストヘヴィメタルになって欲しいとの思いが。

Crocodile Bambie…バンドとしては初の富士。
自由というキーワードがとても似合うバンドで、その場にいた人は言ってる意味はとても良く判ってくれると思う。
判りやすくジャンル的なものを言ってしまうと逆にそれに縛られてしまいそうで、それをためらう。
ラストの曲での永遠に続くんじゃないか?と思わせたワンフレーズに全てが詰まっていた気がします。

今回は出演順に悩みました…結局、当日の流れに落ち着きました。
多分、ああするのがベストだったんではないかなと。

NellFriends…サポートベースがアクティブだったおかげでバンド感がありました。
Go5-T…しっかり栄養を吸収して前回からの成長を見せてくれました。
24.5…本人が化けたいと願えばいつでも化けられるバンド。

BOOTS WALKERはいつものように…どちらかと言うと、今回は主催者目線になってるような。

2月から始まって毎月1回、全10回のJust Add Lifeが終了しました。
昨年末に唐突に開催する事になって、バンドの予定も大幅に変更する事になって。

願っていたものが100だとすると、その中で実現出来たのって1か2くらいかな~。
ゼロでないだけ良かったと心の底から思うし、それだけでも何か実現する事が出来たのって嬉しく思う。

全10回、通ってくれた人…お客さんとしては2人、プレイヤーとしての参加も込みで1人、BOOTS WALKERの3人と、アニマルネストのクニさん1人。
多い?少ない?今となってはどっちでも良い。

出演してくれたツアーバンドが、勝手(良い意味で言ってる)にアニマルネストに再び出演してくれる事を願うし。
出演してくれた地元バンドが外でプレイして各々のお気に入りをアニマルネストに連れてくるのを願う。

そうすりゃ勝手に盛り上がって来て、シーンなんてものがいつか出来るかもしれない。

全~部、各バンド次第。
それをアニマルネストは真摯に全力でサポートしなければいけない。

ウチはもうこんなのやらない…やれない。

そして、次回はウチのイベント…アニマルネストに協力を仰ぐがウチ主催。
全10回のJust Add LifeのFinalとしての開催でもあるし、ラストの開催ってのもあるし、はじめて3日間開催ってのもある。

1年弱続けて来た最後のお祭り、無理やりっぽく楽しいを詰め込んでみました。
こちらはまた改めて。

Just Add Life -Nov- 2018.11.17 sat
ANIMAL NEST Fuji Shizuoka

Crocodile Bambie / HELLHOUND / RagDollz / 24.5 / Go5-T / NellFriends / BOOTS WALKER

by bootswalker | 2018-12-05 12:02 | BOOTS WALKER
2018年 10月 31日

10月が終わります

17日は吉祥寺クレッシェンド、28日は富士アニマルネスト。
ご来場いただいたみなさんをはじめ、対バンや関係者のみなさん、ありがとうございました。

どちらもとても挑み甲斐のあるメンツで、いっぱい刺激を受けてライブを終えました。

富士は自分たちのイベントだから勿論なんだけど、吉祥寺でも何だかんだとどこかしらで対バンした事あるバンドがほとんどで、色んなところで色んなバンドと演れてるんだな~って思ったりしました。

facebookで過去の思い出みたいなのが表示されるんだけど、2014年の今日は名古屋でANVILのオープニングアクトとしてプレイした日でもあります。
実現までのサポートだったり、ライブ後の広がりだったり、大きなポイントになったライブでした。
帰り道、繁華街に入っちゃってゾンビやらナースやらが歩道から溢れてとてもジャマだったのを覚えてたり。

さて、10月はこの2本でライブが終わりました…結果的にこの2本になってしまったというのが正解です。
6日大塚、7日沼津、8日稲毛という3本のライブをキャンセルさせていただきました。

事の経緯を簡単ですがお伝えしておきます。

10月3日、父が他界しました。

9月の後半、入所している施設から連絡があり搬送されたと…あと1時間後くらいにはライブの為に名古屋へ向かわねばならないという中での連絡でした。
結局、上記の通り3日に他界して4日通夜、5日葬儀と終えたので、これだけだったら3日間のライブもできたのかもしれません。

しかし、入院中の父を見守っていた母の体調が思わしくなく、父とは別の病院に入院する事となりました。
いよいよという時、通夜葬儀の時、外泊許可をもらって母はその場にいました。

このような状況の中で自分はどうしても3日間家を空ける事ができませんでした。
メンバーに状況を伝え、2人に判断を任せ、出した結論はキャンセルという事でした。

本当にごめんなさい。

3本共にお誘いいただいたライブでした。
可能性として出演する事ができなくなるかもしれないと判った時点で各主催者に連絡をして、致し方ないと言っていただき、労いの言葉をかけていただきました。
ありがたかったです、そしてとても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

各ライブ、予約をして下さっていたり、行くよ!と言ってくれていた方もいました。
みなさんに会えるのをみなさんの前でプレイできるのをとても楽しみにしていました。

本当にごめんなさい。

先に書いた4年前のANVILのサポートの件、ずっと忘れないであろうこのバンドの大事な思い出です。
そして、今回のキャンセルの件も、ずっと忘れる事はできないと思います。

BOOTS WALKERとして、今までよりこれからの時間の方が長いというのはあり得ません。
そんな残された時間の中でですが、残されたライブをみなさんの前で全力でプレイして、楽しんでもらおうと思っています。

願わくば、今回プレイする為に訪れる事ができなかったライブハウス・クラブに、許していただけるのなら同じ主催者の方が主催するライブでプレイする機会をいただけたらと勝手ながら思っています。

僕はBOOTS WALKERを率いているkaz walkerです…でも、それ以外の土屋和彦としてなすべき事を今回は優先しました。
メンバーや主催者のみなさんに甘えさせていただきました。

本当にごめんなさい。
そしてありがとうございました。

またみなさんにお会いする時にはkaz walkerとしてBOOTS WALKERのロックンロールを全力でプレイするので、正面から受け止めて楽しんでもらえたらと思います。

2018.10.31
kaz walker from BOOTS WALKER
土屋和彦


by bootswalker | 2018-10-31 23:06 | BOOTS WALKER
2018年 09月 22日

娘さんを僕に下さい!

まあ、普通はこんな風に言うんだろうな…と。

でも、お父さんを僕(僕ら)に下さい!と言いそうになるなんてね…実際にステージ上で言ったけど。

昨年、レコ発ツアーやって各地を回って色んなバンドと一緒に演る機会に恵まれて。
一昨年にも茨城は古河のハコで一緒に演った3beat。

家族でやってるバンド…お父さんギター、娘さんベースボーカル、最初の時は次女さんドラムで次の時は息子さんドラム。
お父さんのギターがとてもとても良くて…マジでウチに入ってくれないかな?って思ったんだな。

ツアーで一緒に演った中で個人的にはダントツでかっこ良かった!

日曜日、富士で一緒に演る。

年齢がどうとか関係ないと思ってるので、どうでもいいんだけど…そこにスポット当てる人も少なからずいるので…
ドラムの息子くん…半年前まで小学生。

ギターキッズ(キッズ?)はVIGILANTEの鉄壁のアンサンブルの上で流れるようなギターとの対比を楽しんで欲しい。
どっちもギタープレイとしては間違いなく必見だから。

そんな感じで、これから数分後に迎えがやって来て埼玉に向かいます。
埼玉~富士~名古屋と三日間ライブ。

どこも挑み甲斐のあるバンドをぶつけてくれて感謝感謝。
全力で3日間駆け抜けて来ます。

どうぞ遊びに来て下さいませ。


2018.09.22 (土)Hearts 埼玉・西川口
-The Battle Of Evermore-
w / HELL DUMP / sarabounce / BIORED / りゅうちゃん / Fanz Union
17:00 / 17:302,500+1D / 2,800+1D

2018.09.23(日)ANIMAL NEST 静岡・富士
Just Add Life -Sep-
w / VIGILANTE / 3beat / Fill it up / ゲリゲリ団
17:00 / 17:302,0000+1D / 2,500+1D (中学生以下Drink¥300のみ入場無料)

2018.09.24 (月・祝) TIGHT ROPE 愛知・名古屋
-TIGHT ROPE presents Interline vol,34-17th Anniversary Party!!-
w / CRUEL ONE / FUJIYAMA / wetbream
18:00 / 18:302,000 / 2,500 (1Drink¥500 or Free Drink¥2,000)
e0015899_09001776.png
e0015899_09001770.jpg
e0015899_09001717.jpg


by bootswalker | 2018-09-22 09:01 | BOOTS WALKER
2018年 09月 03日

Just Add Life -Aug- 終了!

先月26日、毎月恒例Just Add Life(以下JAL)の8月場所が終了しました。


ご来場下さったみなさん、ありがとうございました。

出演者のみなさん、アニマルネストのみなさん、ありがとうございました。


ツアーバンドはもちろん、地元バンドも経験値が高いバンドばかりだったので見応えあったのではないでしょうか?


アルバムをリリース後、各地で絶賛の嵐のHELL DUMP

さすがに各地からお呼びがかかるだけはある、見所満載ライブ。

何処を・誰を観ても楽しいパフォーマンスは演奏のタイトさの相乗効果で初見のフロアも当然のごとく巻き込んで行く。

このレベルに到達するのは並大抵ではないけど、ライブをもうちょっと上手く進行出来るようになりたいバンド関係者に観てもらいたいものです。


アニマルネスト照明スタッフが彼らのファンだという事もあって、照明のタイミングなども完璧で、彼らを観るならアニマルネストで観るというのは良い選択肢。


5月のJALに続いて参加のMONQ

ラップ系のラウド・メタル系が得意ではないんだけど、MONQは別。

これがライブで体感する事の良いところだと個人的には思ってる。

マスターの繰り出すマシンガンのようなリリック、早弾きのギタリストに憧れる人がいるように、憧れを含んでスゲーと唸っちゃう。

浮遊感と轟音がマッチしてとても心地よい音が流れました。


多分、彼らとはとても意外な場所で再会出来ると思う(笑)。


ツアーバンドのトップを飾ってもらったのが愛知からのEVOL STUG

愛知、岐阜と立て続けに対バンする機会があって、名古屋のライブに誘ったんだけど事情により一緒に出来なくて、活動再開を聞いてオファーを飛ばした。

西園寺(Dr)がライブ前に出来上がってて若干不安だったけど、本番で時折スベりつつも良いキャラ発揮して一安心。

今までの流れを受け継いでのライブに違和感は感じず、想いを込めたMCをしっかり受け止めつつもやっぱり笑ってしまうのでした。


その後のライブを体操服でやってたのを観て、次回への期待が高まった。


俺たち必死。

毎度の事だけど。

e0047490_21230596.jpeg


e0047490_21231880.jpeg


e0047490_21224913.jpeg




地元バンドはアニマルネストに任せてるので、ホントはアニマルネストの方でコメントなりをして欲しいんだけどこちらでも簡単に。


乱波250は見事にオープニングを飾ってくれたと思う。

多分、何処で誰とやっても変わらないんだろうなーって。

もっと言っちゃうと、今回のトリオも違和感ないし。


GRINDはやっと観る事が出来た。

やっぱりリズムのアプローチとかちょっと違う。

もっと豪放磊落なグランジかと思ったけど意外と繊細。


Morts De Guerreも初見。

音源のリリースもあり、これからの動きに期待。

受け入れるシーンはあるのでそこに飛び込んで行ければ。


そんな感じで残りは3回。

そして締めとなるウチのイベント、MOUNTAIN TOP JAM

これもJALのファイナル扱いになったのでアニマルネストと共催。


友だちのライブに付き合いで行って何だか楽しめない、バンドってそんなに楽しくないな~って思っちゃった人(がコレを見てるかは疑問だけども)とか


もう一回チャンスちょうだい!


いつもいつもライブハウスがこんなライブばっかやってるワケじゃないけど、結構お近くの地元周辺でもアツい瞬間ってあるんですよ。


覚悟を持ってみんなに自分達の音を届けようとしたり、楽しんでもらおうとしてる様を見届けに来て下さい。


今年いっぱい、月イチだけどアニマルネストでみなさんをお迎えします!


2018.08.26 sun at ANIMAL NEST Fuji Shizuoka

Just Add Life -Aug-


w / HELL DUMP / MONQ / EVOL STUG / Morts De Guerre / GRIND / 乱波250



by bootswalker | 2018-09-03 21:37 | BOOTS WALKER
2018年 07月 24日

Just Add Life -July- 終了

いや〜凄かった。

手前味噌だけど…ナイスブッキング、俺!

ちょっと夢を見た…ツアバンとして参加してくれた愛知のPOWER TOUCH、千葉のTRAVE、東京の自慢☆毛…俺らもコソっと混ぜてもらって。

カップリングで各地を廻ったら、ちょっとした革命が起こせるんじゃないか?って。
革命がオーバーだったとしたら、一石くらいは投じる事が出来るんじゃないか?って。

そんな風に夢見ちゃうくらい、衝撃だった。

実は…今回の出演バンド、全7バンドでウチを除く6バンド。ライブを見た事があるのが2バンドのみで…地元バンドのGu-dacsunとツアバンの自慢☆毛だけで。

地元バンドは基本的にアニマルネストにお任せしているので、初めてのバンドが多いのはあり得るけど、ツアバンは自分が担当してるので、観た事がないってのはおかしな話になっちゃうんだけど…

POWER TOUCHは半数以上が在籍している別バンドと対バンして。
TRAVEは共通の友人からの紹介、音楽については間違いない人なので。

なので、いつもとはちょっと違って、お客さんみんなと近い感覚でイベントを迎える事になりました。

リハーサルからその予兆はあった…セッティングされるドラムセットの異様さに否応無しに興味を惹かれる出演者たち。

そして本番がスタート。

なんとか丸の良いキャラから放たれる小気味良いロックからスタート。
県内…中部はシンプルな良いR’n’Rバンド多いね。

そしてPOWER TOUCH。
観れた人はラッキー!俺の興奮は理解してもらえると思う。
またの機会があったらチェックしてね。

Gu-dacsunはもったいないね…地元と言って良いハズなのにそれを活かそうとしない。他のライブでは違うのかな?

TRAVE…ゴツさと繊細さとツアーで鍛えたバンド力と。
お見事でした。ド級のインパクトを残す事に成功。

メリファノート…ポップなロックは今回のメンツ的には異色。
それでもアピール出来るのは県内至る所でライブやってるからだね。

自慢☆毛…キャラ立ってて、曲良くて、歌良くて。
どこで演っても絶対ハズさないだろうってくらいなので、2度目の富士でハズすワケがない。

ウチ…とても良い流れを受け継いで、みんなの良いパフォーマンスに負けないように意地で頑張りました。

もっと多くの人に観てもらわなきゃ…今まで以上にそう思った1日でした。
凄い1日だっただけにとても悔しい。

折り返しを過ぎて後4回。

ロックと名のつくものに少しでも興味持ってくれるなら、是非足を運んでみて欲しい。
来月もその次も、11月までやってるので是非。

次回は8月26日…日曜日。
期待してくれて全然構わないよ。

Just Add Life -July-
2018.07.21 sat ANIMAL NEST Fuji Shizuoka

ACT : 自慢☆毛 / TRAVE / POWER TOUCH / メリファノート/ Gu-dacsun / なんとか丸 / BOOTS WALKER









by bootswalker | 2018-07-24 00:04 | BOOTS WALKER
2018年 07月 02日

ALL AGAINST-No.9 Japan tour 2018

先月末の30日、名古屋HUCK FINNでのライブ、終了しました。

ご来場いただきありがとうございました。
無事どころじゃなく、とても有意義で大きなものを得て終える事が出来ました。

主催の萩さんがSNSでALL AGAINSTの音源を紹介したのが昨年末。
それをチェックして衝撃を受け、ラジオでのサポートを申し出たところからスタート。
そして来日公演のサポート参加へと繋がっての参加となるワケです。

ALL AGAINST…個人的感想はSOUNDGARDEN + Pearl Jamといった感じ。
声がとても好み。

そして、ラインナップを知る…OUTRAGEの名が見えた瞬間の血の滾り。
名古屋の地での競演、願ってもない舞台。

THE GARCIA、STONEと世話になってるバンドが名を連ね。
静岡で一緒だったBRIMARもいる。
下手打たなければ楽しいの確定。

で、当日。

リハも順調に進んで開演。

予想通り楽しい!

ウチ…この写真でどうでしょう?
e0015899_23385293.jpeg
多くの人に届いたと思える充実のライブでした。
映像残さなかったのは唯一の後悔。
でも、それでも良いかな…忘れないもの、あの光景と声は。

その後もずーっと楽しい。

呟いたけど、みんな最高!
もう、全部最高!

打ち上げも途中でギブるまで最高。
前にSNSで約束したプレゼントも頂いて、写真も撮ってもらっちゃったりして。

最高。

次も名古屋…今月15日にタイトロープ。
勢いや諸々、繋がると良いな。

もうちょっと観たかったな…って人は遊びに来てね。

2018.06.30 sat HUCK FINN Nagoya Aichi
“ALL AGAINST-No.9 Japan tour 2018”

ALL AGAINST(KOREA) / OUTRAGE / THE GARCIA / STONE / BRIMAR / BOOTS WALKER






by bootswalker | 2018-07-02 23:54 | BOOTS WALKER
2018年 05月 22日

Chain Reaction

1,2,3 !…は、RATTですね。

Just Add Life -May-終了しました。

足を運んだくれた皆さん、出演・関係者の皆さん、ありがとう!
控えめに言っても楽しい1日でした。

それなりに覚悟はしてたけどちょっと想像を超えてた機材の量に、俺らの出番は何時になるんだろう?って、若干不安になったリハ前でした。

…が、リハも余裕を持って終わらせる事が出来て、本番も終盤まで少々巻いているという良い流れで。5〜6番目が機材のピークだっただけに、ウチのスタートが15分程度の押しで済んだのも許容範囲内。

長丁場、見事にまとめてくれたアニマルネストと入れ替えを手伝ってくれた出演バンドに感謝。

開演時間にはフロアは結構な密度、ツアバン目当ての遠征組が既にフロアに多数いた事に多少の驚きを感じる。

周りになんにもないのが功を奏したのか?

スタートはMS/TJというプロジェクトバンド…色々ありつつ出演まで漕ぎ着けてくれたのには感謝。

個々の技量はあってもバンドとしてのまとまりは当たり前だが望めないのでコメントはなし…それは以降のメンツと比べれば一目瞭然。

名古屋からBRIMAR。ヘッドセットマイクはWINGERを思い出す…seventeen !!
ギターうめーなー!
しっかりライブで鍛えられてる。

一年ぶりの富士だって…コンスタントに来れるようだったら色んな対バンとやってどんどん広がって行きそうな気がします。

The Rood、去年の9月以来の対バン。
相変わらずの姿勢で変わらずのロックンロール。

ギタリストがVじゃなくなってたのが個人的はちょっと残念。
もっと動いて欲しいバンド。
ゆらゆら揺れながら聴くのが心地良いロックンロール。

VOIDD…2002年だったか?沼津に呼んで以来の静岡東部。
e0015899_13303431.jpeg
この写真だけでよくね?

正しくダーティーで、正しくロックンロール。
オカジーはアンダーグラウンドのロックスターだった。
そして、リズム隊のキレも忘れちゃならない。

AxOxDを普段のトップの出演から卒業させるのはこのイベントのちょっとしたテーマだったかも。

先にも書いたけど、スムーズな転換に感謝しないと。

デスメタルがデスメタルに聴こえない…ともすればポップにすら聴こえる瞬間があるのは良くも悪くもこのメンバー・バンドならでは。

Amiliyah…どんな風に地元の人に映るのかな?って楽しみだった。
もう、ツアー全通する勢いのお客さんと作り上げる空間。
それを興味深く見つめる地元勢…みたいな。

ヒントが沢山隠されてたんだけどな〜…と、バンドマン目線。
登り調子バンドの勢いあるステージはやっぱり見応えある。

さあ、締めましょう…楽しい1日のラスト。

バンド数多くて、ちょっとだけ時間も押して…フロアに人がいるのかな?って不安も多少ありつつ幕が開く。
e0015899_16165871.jpeg
みなさんありがとう!しっかり楽しませるよ!

ツアバンが主なお目当てで遠征して来た人たちが多くいるフロア、チャレンジし甲斐のある楽しい場所。

ラストに出演してみんなの良いライブから繋がってる流れを引き継いで、今日は良いイベントっだったね〜って、一人で来たら帰りの車内でニヤリと振り返って。みんなで来たらあそこがよかった!いや、俺(私)はあっちが良かったって話しながら帰れるように。

ウチがお目当て以外だったら、思わぬめっけものになるように。
お目当てだったら期待通り、期待以上と映るように。

全部出来たか判らないけど、悪かない空気感の中でライブを終える事が出来た。
久し振りにこのイベントでCD売れた(笑)から少しは届いたかな?って。

このイベントで狙ってる事って表裏それなりにあるんだけど…道のりは果てしなく遠く、全10回程度だととてもじゃないが実現は難しいが、少しづつ。

次回で半分…頑張りましょう。

このJust Add Lifeというイベントだと…イベンターなんて言うつもりはないが、主催の片割れとしての自分とBOOTS WALKERというバンドのバンドマンとしての自分がごっちゃになっちゃうね。

毎月足を運んでくれてる人も、今回が初だった人もありがとう!
長丁場、お目当て以外もチェックしてくれてありがとう!
イラッとさせてくれて、反骨心を煽ってくれてありがとう!

俺のいるべき場所はココだし、迂闊に流されやしねえよ。

次回は6月17日。

CLANDESTINEDとMAGNOLIAが名古屋から。
The Blue Screamがレコ発ツアーで東京という名のLAから。

大丈夫、いつも面白いから。


Just Add Life -May- 2018.05.19 sat ANIMAL NEST Fuji Shizuoka
Amiliyah / VOIDD / BRIMAR / AxOxD / The Rood / MS/TJ / BOOTS WALKER


by bootswalker | 2018-05-22 18:00 | BOOTS WALKER
2018年 03月 20日

Just Add Life -Mar-

先週のJust Add Life-Mar-ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

楽しんでもらえましたか?
俺、スゲえ楽しかった。

新宿勢…バーチャの時みたいだな(笑)…が3バンド。

MONQのVo.マスターのラップ…圧巻。
絶対マネ出来ない。フリースタイルでバトルとか無理(笑)、敵うワケない。

普段馴染みの薄い音なんだけど、一緒に演れたり目の当たりにするとしっかり入って来る。
良く解らないけど凄いのはとても良く判る…みたいな。


THE LEX…久し振りの富士。
曲の良さとポジティブな空気感でフロアはハッピーにならざるを得ない。

あぁ、俺もこんな感じで演ってみたいな〜って。
絶妙なアメリカンロック具合。
ヒデキは天才だな…こっから先がとても楽しみ。


PORNOSTATE…スパッ!斬れ味鋭い刃物のような。
お金を取れるブレイク!無音になる瞬間楽しめるって凄くね?

凄いな〜って、ブレイクの度に感嘆。
打ち上げで質問して納得&また感嘆。

地元勢…GU-dacsunとゲリゲリ団。

GU-dacsunは良い刺激になったでしょう。良いキッカケになれば。
ゲリゲリ団は地元ならではのライブで、オリジナルもキャッチーで次も楽しみ。

ほぼオンタイムでウチ。

楽しんでもらえたら嬉しいな。
ウチのライブもイベントも。

みんな楽しませてくれたから俺らも負けらんないし。

毎月演ってるから足を運んでみてよ。
リスナーもプレイヤーも。

次回は4月22日。

e0015899_21514983.jpeg
e0015899_21513121.jpeg




by bootswalker | 2018-03-20 21:52 | BOOTS WALKER