WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 31日

10月が終わります

17日は吉祥寺クレッシェンド、28日は富士アニマルネスト。
ご来場いただいたみなさんをはじめ、対バンや関係者のみなさん、ありがとうございました。

どちらもとても挑み甲斐のあるメンツで、いっぱい刺激を受けてライブを終えました。

富士は自分たちのイベントだから勿論なんだけど、吉祥寺でも何だかんだとどこかしらで対バンした事あるバンドがほとんどで、色んなところで色んなバンドと演れてるんだな~って思ったりしました。

facebookで過去の思い出みたいなのが表示されるんだけど、2014年の今日は名古屋でANVILのオープニングアクトとしてプレイした日でもあります。
実現までのサポートだったり、ライブ後の広がりだったり、大きなポイントになったライブでした。
帰り道、繁華街に入っちゃってゾンビやらナースやらが歩道から溢れてとてもジャマだったのを覚えてたり。

さて、10月はこの2本でライブが終わりました…結果的にこの2本になってしまったというのが正解です。
6日大塚、7日沼津、8日稲毛という3本のライブをキャンセルさせていただきました。

事の経緯を簡単ですがお伝えしておきます。

10月3日、父が他界しました。

9月の後半、入所している施設から連絡があり搬送されたと…あと1時間後くらいにはライブの為に名古屋へ向かわねばならないという中での連絡でした。
結局、上記の通り3日に他界して4日通夜、5日葬儀と終えたので、これだけだったら3日間のライブもできたのかもしれません。

しかし、入院中の父を見守っていた母の体調が思わしくなく、父とは別の病院に入院する事となりました。
いよいよという時、通夜葬儀の時、外泊許可をもらって母はその場にいました。

このような状況の中で自分はどうしても3日間家を空ける事ができませんでした。
メンバーに状況を伝え、2人に判断を任せ、出した結論はキャンセルという事でした。

本当にごめんなさい。

3本共にお誘いいただいたライブでした。
可能性として出演する事ができなくなるかもしれないと判った時点で各主催者に連絡をして、致し方ないと言っていただき、労いの言葉をかけていただきました。
ありがたかったです、そしてとても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

各ライブ、予約をして下さっていたり、行くよ!と言ってくれていた方もいました。
みなさんに会えるのをみなさんの前でプレイできるのをとても楽しみにしていました。

本当にごめんなさい。

先に書いた4年前のANVILのサポートの件、ずっと忘れないであろうこのバンドの大事な思い出です。
そして、今回のキャンセルの件も、ずっと忘れる事はできないと思います。

BOOTS WALKERとして、今までよりこれからの時間の方が長いというのはあり得ません。
そんな残された時間の中でですが、残されたライブをみなさんの前で全力でプレイして、楽しんでもらおうと思っています。

願わくば、今回プレイする為に訪れる事ができなかったライブハウス・クラブに、許していただけるのなら同じ主催者の方が主催するライブでプレイする機会をいただけたらと勝手ながら思っています。

僕はBOOTS WALKERを率いているkaz walkerです…でも、それ以外の土屋和彦としてなすべき事を今回は優先しました。
メンバーや主催者のみなさんに甘えさせていただきました。

本当にごめんなさい。
そしてありがとうございました。

またみなさんにお会いする時にはkaz walkerとしてBOOTS WALKERのロックンロールを全力でプレイするので、正面から受け止めて楽しんでもらえたらと思います。

2018.10.31
kaz walker from BOOTS WALKER
土屋和彦

[PR]

by bootswalker | 2018-10-31 23:06 | BOOTS WALKER | Comments(0)


<< Just Add Life 終了!      娘さんを僕に下さい! >>