人気ブログランキング |

WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 11日

360分一本勝負!

余りにも疲れたからだろうか?…逆に早く目覚めてしまった。
今晩あたりに書こうと思ってたヤツを今書いてしまおう。

昨日は司会のお仕事…とは言っても、いつも司会の仕事をやってる訳じゃない。

…やれ!と言われたってできないし。


そんな感じで、三島ゆうゆうホール。


スタジオO&K主催で毎年行われているホールコンサートで、確か去年は2日かけての開催。

今年は1日のみで…MASTERSとサブタイトルがついている。


乱暴に言えば、オヤジバンドの祭典…去年はそれにRegularという、所謂年齢の括りがない1日があったのだが今年はナシ。


道が混んでいて、開場直前に会場入り…イヤ、開場してたかも?


司会者…個人的にはロックのライブには必要ないと思うのですが、楽器店主催のイベントには不可欠な感じもしたりして。

どうやっても爽やかにはできないし、主催者からもソレは求められていないようなので…己のライブでのMCやラジオでのシャベリの延長でしかできない訳でして。

結果から言うと、関係者には好評を得る事ができ一安心。

来年も!なんて言われたのだが…正直、舐めてかかってましたね。


凄~く疲れた!…最低限の資料があるだけで、後はライブと変わりゃしない。

バンドの間にダンスが絡み…ソコでも紹介やら繋ぎのMCを入れる事になったので、想像の倍喋る事となり…ライブの間にはちょっとした休憩がてら一服したりするんだけど、ダンスの人達とちょっとした打ち合わせもあったり、それが終われば今度はバンドと…と約6時間テンションを維持するのはかな~り困難でした。

それでも多分、本業の司会の人に比べれば…段取りの確認などはちょっとした時間にちょこっとやるだけで後はライブっつーか、アドリブで!のノリで臨んだので楽してたのかもしれません。



イベントを通しての感想…結構、辛口になっちゃうかもしれない。



バンド側は年齢層高め、ダンス側は年齢層低め(最年少で小3)…単純に比較できないし、コンセプトも違うので難しい部分ですが。

個人的にはダンスパフォーマンスの方により惹かれる時間が多かった…バンドマンなのに。

大人バンド…自分達が楽しむのが一番で、良く言えば余裕があり悪く言えば緩い。

同年代で比較すべきなので、単純に比べてしまうのは微妙ですけど…交互に出てくるし、このイベントで判断するしかないのでしょうがない。

…しょうがないんだけども、ダンスパフォーマンスの人達のアウェイな中で何かを伝えよう、自分達のベストを見せよう(魅せよう)とする姿勢に共感できたのも事実。

おチビさん達ですらそれをやろうとしてるんだから…

そんな中、旧知の友人が意地をみせてくれてバンド側でのベストなパフォーマンスを見せてくれて嬉しかったり…ちょっと緩んだ場面もあったけど、次には改善してくれるでしょう。

大人バンド…どうせならもっともっと楽しんで、はっちゃけちゃって欲しいよ!

音楽を奏でる事に関しては絶対的な技量を持っている人が多いハズなので、音楽で語る・伝える事ができるハズだと思う。


多分だけどね…家族連れ多かったし、お客さんの年齢層も様々。
もし、アンケート取ったりしてたなら…子供たちは「ダンスがカッコ良かった」って書く子が多い気がする「僕(私)もダンスやってみたくなった」って…

今回のバンド側の出演者にソレを求めるのは酷なのは承知の上だが、バンドが演奏する知っている曲を楽しみながら次にダンスパフォーマンスが登場して…を繰り返している内にそんな事を思っていました。


興味深い組み合わせで、イベントとしての存在感はかなりあると思うので今後もこの形態で続けて欲しいし、高いレベルでの融合や競い合いが観れると刺激しあえると思うんだけどね。



来年にも期待したいね…司会をやるかは別だけど(笑)。

by bootswalker | 2010-04-11 08:08 | BOOTS WALKER


<< Noir      課外活動 >>