WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 26日

40%消化

11月23日富士アニマルネスト、翌24日大阪クラブアライブと2daysのライブ終了しました。

先週、告知しながら年内残り5本とそこそこライブあるな~と思ってたけど、2日連続を終えたら残り3本。
40%既に終えちゃってるじゃないか…


まずは富士。

ギリギリに入稿したフライヤーが当日間に合う事が判って一安心しつつ、午前着が遅れたらどうしようかな?と気が気じゃない。着は11:30頃…うん、セーフだね!

VANISHING POINTの初来日ツアー、富士公演のサポート。
先月末のANVILに続いて海外バンドのサポートが続く、今までそんなことなかったので続く時は続く不思議。

自分達のライブは35分もらってたんだけど4曲で早々に終了…彼がいなかったらこの来日公演の日程に富士でのライブが入るハズもなかったマルくん(ex ARGUMENT SOUL / Gt)をゲストに迎えて2曲演奏。

元々はバンドでの出演を模索していたけど叶わなかった彼への我々からの感謝の気持ち。
前にも演った事あるJUDAS PRIESTの"ELECTRIC EYE"とウチの"I AM"を。


いや~、クソ楽しかった!ちょっと並んでフォーメーションっぽくしてみたり。リフ弾いてもらって俺開放ガーン!でウオー!!ってやれたり(笑)。
e0015899_238194.jpg


ライブ本編、あんまり期待してなかった反応がビックリする程良かったので嬉しい誤算。
やって欲しくないミスがあったりはするものの、今のバンドにはそれでも崩れない何かが多分ある。
ウチらしさや違いってものは届いたのではないかな?と思う。

映像はそういえば撮影しなかったな…惜しい気もするけど、その辺は来てくれた人とマルくんが楽しんでくれたらそれで良い。

VANISHING POINTは始まるまではちょっと不安だったんじゃないかな?
他の公演地は所謂大都市、街を歩いたかは知らないけど周辺は見事なシャッター商店街だし。

でも、お客さんも富士で観る事が出来る外タレを得一杯楽しんでいるようだったし、サポートとして参加していたReverbelationの子達も、サポートできた事を心から喜んでこの貴重な経験を目一杯楽しもうとしていたのが凄く良い雰囲気を作っていたと思います。

打ち上げはもろもろの事情で…多分、ミチトがFacebookでその辺の事は書くと思うけど…パスして、帰宅。
シャワー浴びて着替えを入れ替えるとか大阪行きの準備。

連休やら一度スイッチ切ったら大変そうやらで、再度終結してそのまま大阪へ…


目覚めると7時くらい、大阪のどこかのSA…クビが痛え、声が荒れてて低い。

9時過ぎて高速を降りて移動…ハコの付近まで行ったりしながら、前に来た事があったスーパー玉出へ。

メシは道頓堀でソレっぽいの食おうと思ってたのでガマンしたけど、やっぱココの惣菜コーナーは熱い、熱過ぎる!最強に近いコスパは他の追随を許さないのではないか?

おみやげ買って、移動。道頓堀でグリコの看板観て…あのポーズで写真は撮りません(撮れません)でした。
行列は勘弁、入れそうな店でたこ焼き!最高を知ってれば違うんでしょうけど、普通にウマいし!

少し入り時間には早かったけどハコへ行くと開いてて、搬入。
リハ終わってミチトと歩いてたらまた道頓堀…なるほど、近いのね。
ライブ前に何か入れときたいのでと歩き…またたこ焼き。

ちょっとした決意を胸にステージへ…


本番…ロックンロールしてきましたよ!


お目当ての地元バンドさん以外興味ない人も多かったようでバースペース定住、フロアにはたくさんの人ってワケにはいかなかったけど…だからと言ってダメなライブじゃないしダメなライブにならないってのがやっぱ調子イイって事なのかな?

実際、フロアにいたみなさんの反応は初見がほとんどなハズだけど良い感じ。
意識がステージ向かって来ているのがよく判る…こういう時にはまず悪いライブにはならない。
静寂は静寂らしく(笑)、それも楽しんでもらえてる。

前日に引き続き、ミスはあったもののフロアの反応の良さもあって持ちこたえる…終演後の超不機嫌な俺は見せられない(笑)…強くはないメンタルだけど、ちょっとは強くなってきたのかな?

メンバー個々にお客さんと会話を交わして、次に繋がりそうな出会いも作れてたようです。

Club ALIVE!…音も好みで演りやすいハコでした!

オファーいただいた来年早々の再来阪は残念ながらはずせない予定があったので応えられなかったけど、次の話もしっかりとさせてもらえたし、イベンターも紹介してくれるそうなので今までより全然関西が近くなったような気がします!

2日間、濃い時間を過ごしてバンドにとって良い経験になりました。
なるほど、帰宅後には1日使い物にならなくなるのだと知ったのも大きな成果です(笑)。

6時に帰宅して寝ました!そして今、眠れなくて困っています…
e0015899_235289.jpg


次のライブは来月13日…札幌!
宿を押さえるのが相当困難なようですが、参加お待ちしております(笑)!



'14.11.23 (Sun) ANIMAL NEST FUJI SHIZUOKA
w / VANISHING POINT (Australia) / SOLDIER / DON'T SCRAMBLE FOR MY SHIT / Reverbelation

11.24 (mon) CLUB ALIVE ! OSAKA OSAKA
w / ASRA / VAZM / Dragon / threeputt
[PR]

by bootswalker | 2014-11-26 02:39 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2014年 11月 20日

11月の陣

2Daysです…今度の日月、富士と大阪。

富士…オーストラリアのVANISHING POINTのサポート。

エクストリーム系だと静岡でも観る機会に恵まれるようになったと思うけど、メロディックメタルとか比較的ピュアなヘヴィメタル系が静岡…富士で来日公演って結構レアじゃないかい?

都内・名古屋あたりに遠征するってーと、チケ代以外に結構かかっちゃうけど、近所で帰りとかあんま気にせず観れるって良いね。

これが続けられるようにしたいから(ウチがサポートにつくとかじゃなくてね)、ちょっとでもアンテナ反応したら来てみてよ。

VANISHING POINT / When Truth Lies


e0015899_2136454.jpg



で、俺らは打ち上げもそこそこに大阪へ…寝ちゃったら起きる自信ナシなので、まず移動!

去年の9月に初めて大阪でライブできる機会を得たんだけど、念願の大阪再び!
前日にはその機会を与えてくれたMetal bless Japanの大阪公演があるのです。
そちらもよろしく!

我々的には俺らと同じルートで富士から大阪までの遠征希望だけど(笑)…

何とか大阪定期的に行けるようになりたいね!
e0015899_21535936.jpg


このフライヤーは自作ね!

どちらも予約取り置きお待ちしています、どちらもブチかますので受け止めに来て下さい!
[PR]

by bootswalker | 2014-11-20 21:54 | BOOTS WALKER | Comments(0)
2014年 11月 11日

Oct 31,2014 at HOLIDAY NAGOYA

MCも含めて当日の雰囲気を少しだけ。

BOOTSWALKER / I AM

[PR]

by bootswalker | 2014-11-11 22:01 | Comments(0)
2014年 11月 06日

ANVILのオープニングアクトを務め終えて

あ〜ぁ、終わっちゃった。

e0015899_23383472.jpg

HOLIDAY NEXTを出て、ナビに従いコスプレしてるヤツらが歩道を埋め尽くす繁華街を抜けた後くらいかな?この写真と共にTwitterにアップした一言。

自分たちのステージを終えて一度、ANVILのステージを観終わって一度、彼らを見送って上記の状態になって一度…1日に3回、そういう風に思ったかな。

結構、これに尽きるような気がする…充実し過ぎた1日故の、祭りの後の寂しさのような喪失感。


各種SNSでの告知…出演決定から当日に至るまでお付き合いありがとうございました。いいね!などの激励やシェアなどの拡散にコメント…多くのサポート本当にありがとうございました。

さすがの認知度というべきでしょうか、Facebook(FB)やTwitterにシンクロさせてる事もあってビックリするくらいのアクセスがありました。FBのバンドページなどもマジ?ってくらいにアクセスしてもらいました。


さあ行くよ!間違いなく長文になるよ!!


まず、東京公演2日目に行って来た。

純粋にファンとして、サポートを務めるバンドの仲間として。
だって、名古屋は緊張したり何だりと心が忙しくなるのが判ってたから。
サポートバンドの盛り上がりを観て、ウチは大丈夫なんだろうか?ってナーバスになっちゃったけど(笑)。

ライブはもう楽しい!凄く雰囲気が良い…最初は前で、後半は後ろで観てたけどとにかく雰囲気が良かった。
みんながANVILを目一杯楽しむ為に集まっている感じ。

WELCOMEな雰囲気が充満しているフロアは当然ステージにも好影響が及ぶハズで…それはやっぱりサポートアクトもそのファンもしっかりヘヴィメタルなバンド・ファンでANVILをリスペクトしている事と無関係ではなかったよね。


名古屋公演当日、見学OKだってんで13時半入り…リハを最前列でガン観したり、LIPSがリハ終わってステージ降りる時にちょっとだけお手伝いしてギター持っちゃったり…軽かった、細めのネックだったな。

もう一つのサポートバンド、ARGUMENT SOULのリハになるとRobbのドラムの前にもうひとつサポートバンドのドラムがセットされるので、その前にレーベルの方に確認取って1枚。
e0015899_0251127.jpg

ドラムテクとして同行してたRittiサンもコレは絶対撮りたいだろうと1枚撮影。

東京公演にはなかったバックドロップがドーンと!名古屋が初だったようで、最終日の福岡と2ヶ所だけ使用したみたい。

このバックドロップが後々響いてくるのです…

ウチのリハを終えて、開場を待つワケなんですが…思いの外早くリハが終わったので、時間を持て余す。
外は雨が本格的に降って来た…コンビニにメシ買いに行って会場を待つ。

着替えたりしてる隣の楽屋ではVIPチケット購入者のミート&グリート…みんな嬉しそう。

一瞬だけど、緊張がMAXになって襲ってきた…けど、乗り越えた。


19:00…さあ、キックオフ。

ステージに上がるタイミングがハコのスタッフと合わず、ちょっとイヤな間があったけど…SEが流れちゃえば2つ目のスイッチオン!今回はセットが短かったのでSEも編集してショートverに。

結構冷静…来るって言ってた人が見当たらないな~って思えるくらいフロアはしっかり見えてた。
トップバッターでの登場としては充分過ぎるくらいフロアには人がいるし、想定以上の反応。

名古屋のハコで見たことある人なんかも見受けられて、完全なるアウェーじゃないってスグ判ったのも気が楽になるのを手伝ってくれたかも。

2曲目に新曲…以前のライブでも演ろうと思ったんだけど、リハでミスったりしてようやく初披露。

3曲目までのちょっとした間(ま)の反応で今日は行ける!と確信。

当然、全部が全部OKじゃなかったですよ…最前のVIPの方々の中には前座には興味ねえ!とばかりに仏像のように無表情な人もいたし(笑)…ある意味、興味ないけどお目当てまで最前にいなきゃいけないって厳しいよね!ゴメンよ!!でも構ってられねえし、持ち時間は全開で行かせてもらうよ!って思っちゃったよ(笑)…でも、それもほんの一部でさ。やっぱ想定以上の反応。

当然短くしたけど(笑)、MCもいつもの感じで…ただ、やっぱり名古屋で30年前に初めて観たHR/HMのコンサートがANVILで、同じ名古屋で一緒にできて光栄だ!って事は伝えたくて。

このMC良かった、伝わった!って終演後に言ってくれる人が多かったよ。

ステージのスペースが狭くてミチトとミチト側の人あんまり絡めなかったけど…良い動きと表情してた。
ハンジの音がいつもよりデカく気迫溢れてたのはドラムセットが近かったからだけじゃなかったと思う。

いつも観てくれてる人にはわかってもらえると思うんだけど、ラストの曲のラストの間…あそこでのフロアからの歓声が止まなくて!嬉しいんだけどそろそろ終わりにしなきゃいけねえってんでどうしよう?早く音出してエンディング行かなきゃいけねえんだけどなって(笑)。


あ〜ぁ、終わっちゃった。Part1。


楽屋戻ってスグにメンバーに謝った。

思いが強くなりすぎちゃった…フロアの人の多くがANVILのTシャツ着てる、俺もみんなと同じでこの後のANVILのパフォーマンスが楽しみでしょうがない。でも今は俺たちのパフォーマンスを体感して欲しくて全力で行った、らしく全部出せたとも思う。

後ろを振り返れば巨大なANVILのバックドロップ…父さん・兄さん・先輩、何でも良いんだけど大きな何かに包まれているような感覚になって最後ちょっとヤバかった。一瞬緊張の糸が少し緩んだ。

メンバーから良かった、問題ないと言われてホッとして、フロアに下りる。

多くの人が声かけてくれた、音源なくてごめんなさい。もうちょっと待ってて!また会えた時にはあると思うから。


ARGUも良いライブだったな…サポートアクトとしての登場も慣れてるし、地元名古屋だし。さすが!


ANVILはできるだけ前へ…ど真ん中。声出せるだけ出して歌って叫んだ!
楽しいってのは勿論だけど、名古屋凄かったって思ってもらいたくて声出してた。

基本的なセットは同じと聞いていたので終盤になると、あぁ、もう終わっちゃう、もっと観て・聴いてたいな~って。


あ〜ぁ、終わっちゃった。Part2。


終演後、ルビコンの松本サンの計らいでANVILとBOOTS WALKER、ARGUMENT SOUL各々がフォトセッション。

メンバーには悪いがここはLIPSとRobbの間は譲れねえ!

写真確認すると違和感…ミチトがいねえ(笑)!最後の最後にやってくれるぜ!
e0015899_221492.jpg


ARGUの福井クンが別角度で撮影してくれてたので最悪の事態は避けられて良かった。
e0015899_224391.jpg


みんなと握手してカタコトでお話して、主催者と共に去って行くANVILを見送り、ARGUと話をして帰宅の途に。


あ〜ぁ、終わっちゃった。Part3。


何故か愛知遠征の際の帰りのメシは恒例になった横綱でメシ…ネギ追加でもらうくらい派手にブチ込みました。


平日、金曜日、雨にも関わらず多くの人に足を運んでもらえて感謝です。
BOOTS WALKERもハンジが加入してからのベストのパフォーマンスを披露することができたと思います。

思い出作りのためだけに出演を決めたワケじゃないけど、忘れられない凄い良い思い出にこれからなって行くだろうし。

ブチかまして来い!と受けた激励に応えられたかは判らないけど、次にどこかのライブハウスでお会いできそうな出会いもあったりで…あっという間す過ぎてしまった非常に内容の濃い1日でした。

間違いなくバンドにプラスになりました…得た経験をこれから続くライブで見せる事ができたらと思います。

またどこかのハコでお会いしましょう!
e0015899_2165711.jpg


2014.10.31 at HOLIDAY NEXT NAGOYA
ANVIL "HOPE IN HELL JAPAN TOUR 2014"
w / ANVIL / ARGUMENT SOUL
[PR]

by bootswalker | 2014-11-06 02:25 | BOOTS WALKER | Comments(0)