WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 02日 ( 1 )


2017年 10月 02日

S&W Tour 2017.09.16 -Tour Final DAY 1-

気が緩んだのでしょう…風邪をひきました。
ライブが直近になくて良かったってのと、こうやって早めに投稿出来ると考えると悪くはないかと。

終了しましたツアーファ……かつてツアーファイナルと呼ばれていた2DAYS。

天候が不安定な中、足を運んで下さったみなさんに感謝です!ありがとうございました。

出演してくれたツアーバンド・地元バンドのみなさん、アニマルネストのスタッフのみなさん、そんでもってウチのメンバー。
みなさんに感謝!

みなさんの前でプレイできて、みなさんとイベント作れて、みなさんと対バンできて本当に良かった!


まずは初日…

フードを出そうというのは少し前から考えてはいたんだけど、台風が迫って来て天候が荒れるのがほぼ確実な状況となった時にやりましょう!となったのが水曜のスタジオの後。

長丁場、おなかも空く。
でも、外は台風で大雨ってなったら外出たら戻るのヤになって帰っちゃうかもな~。
少し寒くなるかもって言ってるし…で、おでん。

実際、両日とも雨は大した事なくて良かったんだけど、余ったヤツも打ち上げで活躍してくれました。


そんな仕込みをしてたら遅刻…仕込んでたこんにゃく台所にこぼしちゃって、全部破棄して買い物行き直して…
マジで今までで一番手を洗った数時間でした。

富士に向かう車中…ピンクフロイドの”吹けよ風 呼べよ嵐”が脳内でリピート…あんまり荒れてくれるな!と祈りつつ進む。

アニマルネストに到着して、リハやって仕込みの続きやって…って、結構テンパってたんだなぁ…あんまり憶えてないぞ。
なので、たまにはレポートっぽく各バンドを振り返ってみよう。

ドキドキしながらオープン。
e0015899_13115289.jpg

THE ROOD…高校生…初代のBOOTS WALKERのVoが在籍してたバンドともいう…の頃に良く対バンしてた西川がフロントマンのロックバンド。

映像も、リハも観たんだけど、実際のライブがとても良かった。
西川のVoが良い意味で荒れてて、予想以上に良いインパクトを与えてくれた。
リードのVでスライドもカッコイイ。
課題は明確。次回以降期待大。
e0015899_23021401.jpg


The Blue Scream…ツアー初日の新宿で一緒だったバンド。都内以外でのライブは初めてのようで、ある意味貴重。
今を'87だと言い張り、彼らが行く場所は全てLAになるという…愛すべきドアホウ達。
当時いっぱいいたよね?何なら自分達も似たような感じだったよね…と。

でも、ノスタルジーだけだったら当然ながら誘わない。
曲が良いし、演奏もとてもしっかりしてる…で、真正面から後追いなLA METALをプレイしようとしているのが心地良い。
判ってるんだよね…彼ら。
個人的にLA METALに影響を…って言ってる他のバンドと決定的に違う部分が強みだってのは大きい。
4月より半年足らずで数段成長してる…10月に今度は新宿という名のLAで再び激突、楽しみ。
e0015899_23035032.jpg
LOOSE END…ミチト繋がりで出演のR'n'Rバンド。
Drが俺がガキの頃から富士界隈で活動している先輩で、久し振りに言葉を交わし旧交を温める。
先のTHE ROODもそうなんだけど、ウチのイベントとしては異色かもしれが流れとしてはバッチリとハマりました。
言葉を大事にしたロックは、自分達のお客さんを軸にしっかりとフロアに浸透して行くようでした。
e0015899_23114607.jpg
THE ROSEBUD MOUTH…ツアーバンド2バンド目は先のThe Blue Screamに続いて静岡初登場のバンド。
AC/DC直系の縦ノリ豪快R'n'Rに、国内R'n'Rのセンチメンタルなスウィング具合をブレンドしたバンド。
6月に一緒だった仙台のThe Ninglersと対バンやったら面白そう…90年代に多かった同系統バンドと違うのは国内R'n'Rの血が色濃く流れてるが故。

ギターコンビの一方、TAKAくんが残念ながら負傷欠場でVoのSEKUくんと共に連絡を取り合ってただけにとても残念…しかしヘルプのEiくんのギターも良くて、初見の人にはヘルプとか判らなかったと断言できるコンビネーションだった。

バンドを追いかけて各地から来たファンも、地元のお客さんも巻き込んでとても良い雰囲気でライブが進んで行く。
前回、吉祥寺で観た時は人が多すぎてボンヤリしていたプレイもバンドの佇まいもハッキリと!単純にすげえ!カッコイイ!ってインパクトをハッキリと残した。
e0015899_13151946.jpg
RED RAW…今回のツアーで3度目の競演。前々回は彼らのレコ発、前回は千葉、今回はウチのイベント。
THE ROSE BUD MOUTHでハッピーな空気が流れるフロアを、いつもながらの重戦車の如くのヘヴィサウンドで押し潰さんと襲い掛かる。

寝た子も起こすって感じで有無を言わせない迫力をフロアが受け止められるのかが心配になるくらいに、この日のプレイは気迫に溢れていた。

そして、夢が叶う時間
e0015899_13572996.jpg
俺の大好きな"RISING SUN"を競演!

最近はアルバムに収録されてない事もあって、プレイされる事も少なくなってたんだけど、今回(多分、俺の為ってのもあったと思う)久し振りに演ってくれて、メッセでステージ上がってくれとあった時には狂喜した。

盟友…あんまり軽々しく言いたくない言葉なんだけど、彼らとはそう言っても良い間柄になれたかな?と。もっと簡単に言えばライバル。

だからこそあえて言おう…あんだけ素晴らしいアルバム完成させたんだから、もっとライブ演ってアルバムとの相乗効果で高みに昇ってって欲しい。
ステージ上で饒舌なNATSUってのも違和感あるけど、更なるライブでの経験が強力なフロントマンに押し上げてくれると思うんだよな~。
色々な事情があって今の活動に落ち着いているってのは重々承知して理解しているんだけど、その一方でどうしてもそんな風に思っちゃう。

付け加えれば、2日目にもNATSUは残ってくれて、打ち上げまでエンジョイしてた…この2日間を一番満喫したのは彼に間違いない!


で、ウチ。

前出のRED RAW参加から、ステージ降りて着替え。
少しギターのウォーミングアップしたりして。

………

正直に言うと、2日間ともあまり自分達のプレイって良く憶えてない。
何でだろう?

バンドの演奏は熱くなりながらもしっかり落ち着いてて、歌いやすかった。
フロアを見渡すと、楽しんでくれてるのが判るお客さんの顔が多く見えた…この位。

今回のツアー、各会場での様子をセルフリポートしてるのはご覧になって下さってる方(いれば)には承知の通り。
それなりに早めに書く事もあれば、結構日数経過してからの時もある。

時間経っててもポイントだった部分って憶えていて、それをベースに書くのだけど…この2Days、結構憶えてない…

主催者としてイベントをしっかり締めなきゃいけない…とか。
対バンが良いライブ演って、絶対負けられない…とか。

何だかんだと必死だったのかな?…必死だったな。

アンコール…今回は久し振りにHEY GODをプレイ。
3択の中からお客さんに選んでもらって…いや~、この曲を選ぶとは思ってなかったので、ちょっと焦った(笑)。

で、一番多いパターンのI AMをもう1回プレイしておしまい。
2曲プレイは主催って事で。

e0015899_17173102.jpg

終演…お客さんが各々、初体験のお気に入りバンドに話かけたり物販購入してってくれたり。
新たなお気に入りバンド、スケジュールチェックして、ライブ演ったら遊びに行ってね!

さあ、打ち上げ。

珍しく3ショット+α(笑)。
e0015899_17542436.jpg
e0015899_18091076.jpg

いっぱいしゃべって食べました。
明日もあるんだけど、今日は今日で繋がりが広がらなきゃね。
e0015899_18094798.jpg

ラストはこんな感じで…
e0015899_17581335.jpg
e0015899_18104937.jpg

また明日!

掲載のほとんどのライブ写真を撮影してくれたのは倉澤くん。
彼がフェイスブックで展開しているFBページROCK SOUND.JPにて他にも多くの写真が掲載されています。
チェックよろしく!そしていいね!を!!
下記リンクから。

ROCK SOUND.JP



2017.09.16 (sat) ANIMAL NEST FUJI SHIZOKA
- S&W Tour 2017 FINAL Day One -

w / RED RAW / THE ROSEBUD MOUTH / The Blue Scream / LOOSE END / THE ROOD

[PR]

by bootswalker | 2017-10-02 18:07 | BOOTS WALKER | Comments(0)