WALKER'S DIARY

bootswalke.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 09日

EP "I'M STANDING" 取扱説明書

とても長い時間がかかりましたが、バンドとして初の単独音源となるEP "I'M STANDING" がリリースとなります。
本日、6月9日のリリースです。

告知を始めて、シェアしてくれたり、リツイートしてくれたり、コメントしてくれたり…と、反応してくれたみなさんには感謝感謝です。
買ってくださいね(笑)!

これは言わないほうが良いかもね?という意見もあったのですが、ソレはソレで何だかだましているみたいでイヤなのでお伝えします。

今回のEP…売り上げの一部ですが、東日本大震災チャリティへの寄付という側面を持っています。

よくある偽善か否かという部分で心配してくれた人が上記の助言をくれたんですけど…
ソレ知ってたら買ってなかったよって、後から言われるのもアレなんでね…
その辺の経緯をお伝えしますので、読み進めていただくなりそっとページを閉じるなりはご自由にしていただければと思います。

さて、行くよ…長くなるからね。

今回の収録曲は3曲

M1 : I'M STANDING
M2 : IN YOUR HANDS
M3 : I AM

M2とM3は過去にコンピレーションアルバムに提供している曲の新録となっています。
チャリティ云々に該当するのはM1とM2。

M2 IN YOUR HANDSを提供したのが2013年にリリースされたMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"でした。

当時、オファーがあった時にタイトルとコンセプトだけあったI'M STANDINGを提供したいと考えていました。
楽曲のコンセプトが東日本大震災から大きく受けた影響を元にしていたのもあって、それが自然な流れだと。

…しかし、間に合わなかったんですよ…楽曲が。

この辺は、今回のツアー途中でのリリースとかからも判る通りのいい加減さでして…

では、提供する曲は?となった時に、M2 IN YOUR HANDSが内容的にもマッチするかな?という事で提供しました。

そしてMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"がリリースされて、IN YOUR HANDSが世に出るワケなんですが…
I'M STANDINGは?ってしばらくの間引っかかっていたんです…俺個人の中で。

すべからく全てのアーティストがそうかと思うのですが…リリースされた後にはもっと~できたんじゃねえか?って後悔というか反省があったりするものだと思います。

リリース直後のインタビューで、コレは最高傑作だ!と言い切った数年後に、あのアルバムはもっと~すべきだった…なんてのは良くある話ですからね。

今、聴きながらコレを書いていますが…気持ちが上がる部分は勿論ありますけど、何でココのこの処理に気がつかなかったのかな?とか絶対突っ込まれるであろうミスに近い部分があったりして。

軌道修正…

そんな中、バンドで音源の重要性を感じ始めていた事もあって…何らかのカタチで音源をリリースしたいと話が出始めたのです。
個人的には多分、一番の慎重派だったと思います。

そこでI'M STANDINGが再浮上して来て、楽曲を完成まで持って行きました。
リリースするんだったらこのタイミングしかないんじゃないか?と。

じゃあ、音源作るならまずはやり残した事をやりたい!と、それが通らないなら作らない位は言ったかと思います。
そして本来チャリティアルバムに提供する曲を収録するのだからチャリティに関わるのは当然だろうと、こちらも強権発動で。
いやいや、ソコは繋がらないでしょ?という人もいるかもしれないけど…イコールでした、俺の中では。

METAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"の頃にはまだハンジはバンドにいなかったので、その辺の話なんて知ったこっちゃない中で賛成と言うかそっちの方向に進んでくれ、推進派のミチトも了解してくれてようやく自分の中でGOサインが出ました。

METAL bless JAPANはその後もアルバムがリリースされて、毎年各地でイベントが行われています。

自分は最後のセッションに参加できる器はVoとしてもGtとしても持ち合わせていると思えないので2公演参加した以降お断りしました。
その後、ぱったりとセッションは当然ですがバンドとしてもお誘いは来なくなりました(笑)。

アルバムに参加した事やライブに参加した事は自分にもバンドにもプラスになっていますし、少しでも貢献できたかもしれないという気持ちもあるんですが、I'M STANDINGで参加できなかった事がずっと引っかかってて。

このEPは俺にとってMETAL bless JAPAN "WE CAN BE STRONG"の時の俺とバンドに忘れ物を届けに行ったような感じです。
やっと届け終えてその場から立ち去るというか次に進めるというか…

ですので、バンドの音楽性を端的に表した名刺的な音源とは趣が違うかもしれません。

そちらを重要視していたら…普段のライブで演ってる1曲目か2曲目を入れて、3曲目か4曲目を入れて、I AMで〆る。
で、3曲…こんな感じにしてたと思います。

そうしなかったのはちょっと前の方で書いた通り。
音源の感じが良くてライブはゴツ過ぎて面食らった…なんて事もあるかもしれないけど(笑)。

M3のI AMはそういったものから離れて、単純にライブでラストに演る事がほとんどなこの曲を聴いてもらって、その後ライブでの大合唱をいつか実現させてみたいってシンプルな理由で入れました。

多分、フルアルバムを作る事になったらまた新録Verを収録すると思います(笑)。

M1とM2。

1枚売れるごとに東日本大震災テャリティとして計上して行き、ある程度まとまったら…9月のツアーファイナルが終わったらが最初の区切りになるかと思います…METAL bless JAPANを通して然るべき団体へ寄付していただきます。

ツアーファイナルを終えて、最初の寄付を終えたらお伝えしますね。

チャリティアルバムだって事はどうしても伝えておきたくて、それでも寄付しますとかあんまりおおっぴらにせずにサラっと裏でやりたかったんだけど…どうすりゃいいんだ?って感じですが、やっぱり知らずに購入される方がいるってのは何かイヤでね。

M1ではあの男の切り裂くようなシャウトが聴く事ができます…これは彼に参加してもらうのは至極自然な流れでした。
他にもM3ではギターに、M2には意外な楽器でゲストが参加してくれています。

この辺はもうちょっと後にお伝えします。

実はドラムパートは2015年に参加したコンピレーションアルバム"SHOUTING TO THE MOON"に提供した曲をレコーディングした時にレコーディングを終えています。もう2年前…だいぶ昔な気がします。

その後、地元のスタジオで弦楽器・ヴォーカルなど断続的にレコーディングを行い、また別のスタジオでミックスを行い、マスタリングを行い現在に至ります。

とても色々な事をこの1枚のディスクを作る為に学びました。
結果的にバンドに不相応なくらい多くの人が関わってくれています。

かなり生っぽい音に結果的になりました…そっちじゃない方向に行く可能性もあったんですけど、こちらに着地した感じ。
歌は全くのノーエフェクトのところもあったり…自殺行為です(笑)。
今的な音に比べるとスッカスカです…今回はソレで良いかな?からソレが良い!に徐々に変わって行きました。

アルバム作る時はもう、イジくり倒してやって…ライブで再現なんて不可能なくらいのヤツを作ってみたいという希望もあったり(笑)。

そんなこんなで、手元にCDとジャケットが届きました…見ての通り、別々にやって来ました。
これからメンバーと家内制手工業です(笑)。
e0015899_13594521.jpg
e0015899_13594592.jpg


なるべく早く今のツアーに投入しようとして調べたらこの方法がベストでした。
手間的には確実にワーストです(笑)。

そんな感じで、やっぱり長くなりました。
曲の解説とかまたの機会にします…ソレも多分長くなっちゃうんだろうなと、今から簡単に予想できます。

入手方法のメインはライブ会場での手売りです…ネットショップなど持ち合わせていないので、個人間のやり取りで通販みたいなものもやりますが、送料など確定できていませんのでしばしお時間いただきたいと思います。

このCDと共に残りのツアー各所へお邪魔します。
既に終えたツアー先は改めて再訪できるように打診・調整してみます…追加公演ってヤツですか?カッコいい(笑)!

活動期間のほとんどを物販などなく活動して来たバンドが、やっとお供を連れて行く事ができます。

先に述べたチャリティに参加するという側面も理解していただいた上で…

会場で手に取っていただけたら嬉しいです。
通販で受け取って、ライブに足を運んでもらえたら嬉しいです。

BOOTS WALKER 1st EP "I'M STANDING"6月9日リリースです。

宜しくお願い致します。


BOOTS WALKER EP "I'M STANDING" 2017.06.09 OUT !!

M1. I'M STANDING
M2. IN YOUR HANDS
M3. I AM

¥1,000 (without TAX)
e0015899_14170122.jpg

[PR]

by bootswalker | 2017-06-09 00:09 | BOOTS WALKER | Comments(0)


<< セーラー服と負傷者      チェックのシャツと鳴り止まない... >>